おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年09月15日更新

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味

東京・渋谷にある「Cafe Habana TOKYO(カフェ ハバナ トウキョウ)」は、ニューヨークで15年以上の歴史をもつカフェ。2016年、満を持して渋谷に上陸を果たしました。ラテンテイストを感じさせる色鮮やかな店内で、ニューヨーカーを虜にした「クバーノ(キューバンサンドイッチ)」や「グリルドコーン」が味わえるのが魅力です。

青い壁の外観に、黄色い壁のカラフルな内装のお店

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味の1番目の画像

東京・渋谷にある「Cafe Habana(TOKYOカフェ ハバナ トウキョウ)」は、深い青色の壁に、ライムイエローでイラストや店名が描かれた外観です。入口の隣にはテイクアウト用のカウンターがあります。

黄色の壁が鮮やかなお店の中は、青い椅子が映えるカラフルな空間。壁に描かれたシドや、ブルース・リーなどの著名人のイラストが印象的です。テーブル席だけでなく、大きなソファ席やカウンター席、更には10~20名まで入る個室もあります。1人でも、大人数でも訪れやすいお店です。

ニューヨーク発祥のカフェが満を持してアジア初出店!

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味の2番目の画像

「Cafe Habana」はニューヨーク発祥のお店。本場キューバをはじめとする、ラテンアメリカテイストを感じさせる料理をニューヨークスタイルで提供しています。そんな「Cafe Habana」のアジア初出店舗が、「Cafe Habana TOKYO」です。

ラテンの雰囲気漂う鮮やかな色彩の内装と和天井を組み合わせることで、日本とキューバの融合が感じられるお店に仕上がっています。またお店の作りだけでなく料理においても、日本の文化や伝統を取り入れた品がラインナップされているのが特徴です。

本場メキシコの味! 看板メニューの「グリルドコーン」

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味の3番目の画像

「グリルドコーン」はお店の看板メニューです。1本丸ごと焼かれたトウモロコシにチーズがたっぷりとかかっており、メキシコで愛されている1品です。ライムをきゅっと絞っていただきます。

焼いて甘みが引き出されたトウモロコシと、全体にまぶされたチーズの相性は抜群で食べだしたら止まりません。チーズは本場メキシコから取り寄せており、本場の味が楽しめます。ハーフサイズの用意もあるので、1人でお店を訪れる際にも味わえるのが嬉しいものです。

具沢山で満足できるキューバンサンドウィッチ「クバーノ」

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味の4番目の画像

「クバーノ」は、人気のキューバンサンドウィッチ。キューバンブレッドは焼き上げられており、サクッとした食感が楽しめます。中の具はハムにチーズ、そしてたっぷりのほぐされた豚肉とボリューム満点。

パンにたっぷり塗られたマヨネーズソースや、ピクルスが味のアクセントになっています。昼間からビールと一緒に味わいたくなる、美味しいホットサンドです。

ニューヨーカーをも虜にした料理を楽しめるお店

ニューヨーク発祥のラテンアメリカカフェ! 「Cafe Habana TOKYO」で楽しむ本場の味の5番目の画像

日本にはまだまだ馴染みの薄いラテンアメリカ料理を、ニューヨークテイストにアレンジしたメニューの数々は、多くの人々の口に合う仕上がりとなっています。ライトミールからメインディッシュまでバリエーションも豊富で、独特の雰囲気を楽しみながらお酒と共に楽しむだけでなく、しっかりと食べたいという時にもしっかり満足できるお店です。

「Cafe Habana TOKYO」はJR各線・東京メトロ各線「渋谷駅」から、徒歩10分ほどの場所にあります。南口から出て代官山の方向に進むとお店があります。ニューヨーカーも虜になったラテンアメリカの味を堪能してみませんか。

スポット情報

Cafe Habana TOKYO

Cafe Habana TOKYO

東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル 1F

03-3464-1887

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング