おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.22 | 公開 2017.09.22

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」

大阪・淀屋橋にある「SION canteen&(シオン キャンティーン アンド)」は、見た目にも美しいこだわりのお料理が食べられる洋食屋です。使用する素材には並々ならぬこだわりが感じられ、それでいてリーズナブルということもあり大人気。誰かに感動を伝えたくなるようなお店です。

フレンチバルのような、おしゃれでカジュアルな空間

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」の1番目の画像

大阪・淀屋橋にある洋食屋「SION canteen&(シオン キャンティーン アンド)」。入り口を入るとカウンター席とテーブル席があり、仰々しくなく、おひとり様でも気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気です。

店内の階段を下りて地下へ行くとテーブル席が並び、まるで隠れ家のようでワクワクします。吹き抜けになっているので開放感も感じられ、おしゃれでありながら、かしこまらずにくつろげるような空間です。

自宅では到底マネできないクオリティに大満足

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」の2番目の画像

「シオン キャンティーン アンド」の食へのこだわりは、水から始まっています。特殊な浄水器でろ過された水を使い、日々10種類以上のスープを煮出して、自然の旨味によって食材を活かす工夫がされています。

使われる野菜は、無農薬&有機栽培。シェフが自ら農家に足を運び、プライドを持って選んできたものばかりです。できあがったお料理を盛り付ける器にもこだわっていて、自宅ではなかなかマネできないような一流のお料理に、誰もが大満足することでしょう。

フタを開けた瞬間から、驚きと感動が味わえる

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」の3番目の画像

「シオン キャンティーン アンド」ならではの、独特のメニューが「SIONの玉手箱(税込 800円)」。運ばれてくるのは、お弁当などでよく見かけるまげわっぱです。

「洋食屋さんでまげわっぱ? 」と思いながらフタを開けると、そこには美しい色とりどりの前菜がぎゅっと並んでいます。ていねいに作られたことがわかる、旬を閉じ込めた前菜の数々。見た目の美しさは、開けたときの心躍る感動に直結します。

オイルにもこだわり、海の旨味がぎゅっと凝縮された逸品

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」の4番目の画像

シェフがぜひ食べてもらいたいとおすすめするのが「アクアパッツァ(税込 1,500円/2人前)」です。獲れたての新鮮な魚や貝、トマトの旨味が、オリーブオイルの中でぐつぐつと溶け出します。

磯の香りが食欲をそそる旨味が詰まった濃いスープは、最後にパスタにしてもらうことも可能。お酒にも合うメニューです。

行きつけにしたくなる「大人カジュアル」な洋食屋

シェフの情熱と心意気を感じるおしゃれな洋食屋・淀屋橋「シオン キャンティーン アンド」の5番目の画像

インパクトのある彩り豊かな盛り付けや、生産者の元に自ら出向いて買い付けるというこだわりの食材、丁寧かつ真摯に食材に向き合う調理法など、「シオン キャンティーン アンド」の料理はどこをとっても上質なクオリティを誇ります。お店の雰囲気もおしゃれ。それでいて、お値段がリーズナブルなところも大きな魅力となっています。

京阪本線・OsakaMetro御堂筋線「淀屋橋駅」13番出口から、徒歩5分ほどの位置にあります。赤ワインのような色のシェードと看板を目印です。コスパ抜群の上質なお料理を味わいに、ぜひ一度訪れてみてください。

スポット情報

SION canteen&

SION canteen&

大阪府大阪市中央区平野町4-5-6 ルアンジュ淀屋橋1F

06-4708-5009

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事