おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2018.06.27 | 公開 2018.06.27

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」は、天然の白浜ビーチと亜熱帯の森に囲まれた、大自然の中の隠れ家リゾート。約10万平米の敷地には、米軍が使用していた施設を改装した個性溢れるコテージが点在。沖縄の雄大な自然を大満喫できます。

やんばるの森の隠れ家「オクマ プライベートビーチ & リゾート」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の1番目の画像

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」は、沖縄県北部・やんばるの大自然に周辺を囲まれた隠れ家リゾートホテルです。那覇空港から車で約1時間40分、国内最大規模の亜熱帯の森と、天然の白浜ビーチに挟まれるように位置するホテルの敷地面積は、なんと約10万平米。

1978年に極東米軍放送基地の跡地に開業された「JALプライベートリゾートオクマ」は「オクマ プライベートビーチ & リゾート」と名前を変え、2018年7月に40周年を迎えます。それほどまでに長い間、ゲストに愛され続けてきたその理由を探ってみましょう。

広大な敷地に点在するのは5種類のコテージ

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」には、広大な敷地の中に5種類のコテージやヴィラが点在しています。

上質なアジアン空間が魅力「グランドコテージ」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の2番目の画像

アジアンな高級感のあるインテリアが特徴の「グランドコテージ」には、専用カウンターでウェルカムドリンクをいただきながらゆったりとチェックイン。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の3番目の画像

上質なプライベート空間と併せて、クラブラウンジの利用もできるため、大切な人と一緒にスペシャルな時間を過ごしたい人にピッタリのお部屋です。

プライベートガーデンがついた「ガーデンヴィラ」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の4番目の画像

プライベートガーデンが備わった「ガーデンヴィラ」は、広々とした芝生の中に佇む戸建てタイプ。可愛らしい平屋建てのその姿は、まさにアメリカのお家のよう。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の5番目の画像

大きなラナイで沖縄の風を感じてリラックスしたり、大きな庭ではしゃいだり。フロントやビーチ、レストランに近く、利便性にも優れているので、小さな子供のいるファミリーにもおすすめです。

ブルーの壁が可愛い「パームコテージ」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の6番目の画像

カラフルな外観の「パームコテージ」は、室内もブルーの壁がとてもキュート。青と白のコントラストがカジュアルで爽やかな雰囲気を醸し出しています。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の7番目の画像

やんばるの大自然やビーチなど、観光の拠点となる場所にあり、沖縄をアクティブに楽しみたい人向けのお部屋です。

スタンダードな「メインコテージ」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の8番目の画像

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」の最もスタンダードなお部屋が「メインコテージ」です。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の9番目の画像

家族やグループが快適に過ごせるよう、3セットのベッドが常設してあるほか、コテージ周辺にはハンモックやブランコも。フロントから少し離れた場所に位置するので、お散歩感覚で広大な敷地や沖縄の景色を楽しむことができます。

少し贅沢な非日常感を楽しむ「メゾネットルーム」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の10番目の画像

選べるメゾネットタイプのお部屋は、まさに憧れの非日常空間を演出してくれます。その中でも「グランドコテージメゾネット125」は、ホテル内で最も広い125平米と開放感あふれる造りに。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の11番目の画像

天蓋付きのベッドやジャグジーがなんともラグジュアリー。沖縄の豊かな緑の向こうに顔を覗かせる美しい青い海、そんな贅沢な景色を眺めながら、ゆったりとしたリゾートライフを堪能できる特別なお部屋です。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」6つのレストラン

鉄板焼きからバーベキュー、和食まで選べるディナータイム

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の12番目の画像

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」敷地内では、個性豊かな6つのレストランがゲストの舌を楽しませています。2017年5月にオープンした和食処「いじゅ」や、夕日を眺めながらアメリカンスタイルのバーベキューを味わえる「ビーチサイド」、また厳選食材をシェフが目の前で焼いてくれる「鉄板焼 阿檀」など、好みやシチュエーションに合わせて、今夜のディナーを選びましょう。

「サーフサイド・カフェ」の朝食ブッフェ

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の13番目の画像

朝食は「サーフサイド・カフェ」でモーニングブッフェをいただきます。おすすめは日替わりの卵料理に、地元のおばあ(沖縄の方言でおばあさん)が心を込めておもてなしする郷土料理、またパティシエのスペシャルスイーツも。選びきれないほど魅力的なメニューに心躍ります。沖縄のお日様の光を浴びながら、朝から元気にエネルギーチャージ。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」で大自然を満喫

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の14番目の画像

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」には、やんばるの大自然の中で楽しめるアクティビティが沢山。40周年記念アクティビティの一つでもある「潮風クルージング」は、珊瑚礁の広がるエメラルドグリーンの海を、潮風に吹かれながら優雅にクルージング。南国リゾートならではのひとときを楽しめます。また「やんばるの森探検ツアー」では、森を知り尽くしたツアーガイドと一緒に神秘の森を巡れる、子供から大人まで大人気のアクティビティです。

長い間ゲストに愛される「オクマ プライベートビーチ & リゾート」

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」はやんばる大自然の隠れ家の15番目の画像

40年もの間ゲストに愛されてきた、やんばるの隠れ家コテージ「オクマ プライベートビーチ & リゾート」。少し贅沢にステイを楽しみたい人は、バレーサービスや専用ラウンジなど「クラブ潮風」のスペシャルな特典が受けられる「グランドコテージ」、「グランドコテージメゾネット」の利用がおすすめです。「オクマ プライベートビーチ & リゾート」で沖縄の大自然を肌で感じる旅はいかがでしょうか。

「オクマ プライベートビーチ & リゾート」の予約はこちら

スポット情報

オクマ プライベートビーチ & リゾート(旧JALプライベートリゾートオクマ)

オクマ プライベートビーチ & リゾート(旧JALプライベートリゾートオクマ)

沖縄県国頭郡国頭村字奥間913番地

0980-41-2222

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「トラベル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事