おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.04.12 | 公開 2018.04.12

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫

東京・青山にある「ハブモアカレー」は、インド料理と和食が融合した、ほかではあまり食べられないカレーが楽しめるレストランです。料理はスパイスを使いながらも、野菜の本来のうま味を損なわないよう、繊細に調理されています。メニューには日替わりのカレーしかないという潔さも魅力です。

静かで隠れ家のようなお店は、一人でも気兼ねせず入れる

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫の1番目の画像

表参道駅から歩いて数分のところにある、カプリーズ青山という雑居ビルの地下1階に「ハブモアカレー」はあります。お店のドアは飴色で、ドア横に設置されている照明と共に昭和レトロな雰囲気。お店の中はカウンター席とテーブル席の全部で20席。

カウンター席はコの字型をしていて、テーブル席が置かれている場所は天井が高く開放的な空間。店内には静かな音量でBGMが流れ、落ち着いた印象を与えてくれます。一人で入っても気兼ねしない、都会の隠れ家のようなお店です。

カフェの間借りから口コミの評判を受け実店舗オープン

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫の2番目の画像

このお店のシェフは元々、東京都内にあるカフェを間借りしてカレーのお店を始めました。その後、カフェを訪れた人の口コミによって評判が広がり、2015年に表参道で実店舗をオープンさせることになります。

お店はカレー屋として位置づけられていますが、旬の野菜やなかなか日本では見ることのできない野菜をスパイスで味付けした創作料理店でもあります。

メニューにあるのは日替わりのカレープレートのみ

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫の3番目の画像

お店で提供されるのは、「本日のカレープレート」(1,280円)という一種類のメニューのみです。このプレートは、2種類のカレーと3種類の付け合わせで構成。お盆の真ん中には深めのお皿にターメリックライスがのせられています。

日替わりのカレープレートを作るにあたっては、素材の味やスパイスの風味がバランスよく引き立つよう考えられ作られています。使われる素材は野菜中心で、旬のものや、日本では珍しい西洋野菜を厳選。油や刺激のあるスパイスは極力控えて調理されているので、辛い物が苦手な人も安心です。

日替わりメニューなので毎日違う味が楽しめる

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫の4番目の画像

「ハブモアカレー」で提供されるメニューはひとつですが、その内容は日替わりで、違ったカレーや付け合わせを楽しめます。カレーに添えられる3種類の付け合わせのうち、2種類は好みのものを選択可能です。

テーブルに置かれている「カレーの御託」には、お店の思いやコンセプトやおすすめの食べ方が記載されていて、「食べ方の掟」では一品ずつ味わった後に全部をご飯に乗せて食べるのがおすすめとされています。素材の味を知り尽くしているシェフのおすすめの食べ方でカレーを味わってみるのも良いでしょう。

素材の味とスパイスの風味を両方楽しんでほしい

メニューはひとつ! 和とインドが融合した「ハブモアカレー」の絶品カレーを満喫の5番目の画像

ご飯、カレー、付け合わせからなる組み合わせは、和定食を思わせながらも中身はスパイスをふんだんに使った創作インド料理です。スパイスを使うとどうしてもその味が強くなりがちですが、「ハブモアカレー」の料理は、野菜のうま味だけではなく苦みも感じられるように作られています。

素材の持つ味とスパイスの風味の両方が楽しめるようなカレーを作ることが、これからのお店が向かう目標です。

「ハブモアカレー」があるのは、東京メトロ千代田線の表参道駅、B2出口から徒歩約3分の場所です。青山通りを渋谷方面に向かって進んでいく途中にあり、オレンジ色の看板が目印。スパイスとハーブを使った魅力的なカレーを一度味わってみませんか?

スポット情報

ハブモアカレー

ハブモアカレー

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山 B1F

03-3407-7001

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事