おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.15 | 公開 2017.10.15

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」

大阪・北新地エリアに、大人がカジュアルな空間で楽しめる本格イタリアンがあります。「OSTERIA Orobianco(オステリア オロビアンコ)」は、有名デザイナーがプロデュースしたことでも話題のお店。定番メニューからオリジナルの創作メニューまで、こだわりの料理と本格ピッツァでわたしたちを楽しませてくれます。

バランス感覚に優れた「オロビアンコ」の世界を味わう

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」の1番目の画像

大阪・北新地。高級感の中にもカジュアルさを感じる、おしゃれな門構えが目を引く「OSTERIA Orobianco(オステリア オロビアンコ)」。ブランドロゴでもおなじみのマークの下には、レストランを意識したナイフとフォークが描かれています。

内装は、デザイナーであるジャコモ氏自ら手掛けました。壁紙やディスプレイなど、隅々までこだわりの詰まった空間となっています。

ファッションだけでは収まらない「オロビアンコ」の想い

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」の2番目の画像

イタリア発のブランド「オロビアンコ」は、世界的に人気の高いファッションブランドです。日本でも知名度が高く、バッグや食器、文房具などさまざまな商品を販売しています。

そんな中「衣食住をトータルプロデュースするブランドに」というジャコモ氏の想いがあり、レストランを計画。2013年4月に、「オロビアンコ」プロデュースのレストランが世界で初めて登場しました。

デザイナーの遊び心が詰まったオリジナルピッツァ

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」の3番目の画像

「変わったピッツァをやりたい!」というジャコモ氏の強い思いによって完成した「トリュフピッツァ」(1,598円 税込)は、ジャコモ氏の好きな色である黒をイメージして作られました。

美容効果が高いとされる竹炭のパウダーを練り込んだ真っ黒の生地が特徴です。さらにはトリュフを贅沢にトッピング。ピッツァを焼く本格的な窯は、最高400度まで温度を上げられます。高温で一気に焼き上げることで、こんがりモッチリしたピザが完成。予約をすればピッツァづくりの体験も可能です。

「オロビアンコ」風のマルゲリータを召し上がれ

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」の4番目の画像

シンプルな美味しさの定番ピッツァを、「オロビアンコ」風にアレンジしたのが「マルゲリータ・ビアンカ」(1,166円 税込)です。

ビアンカとは、イタリア語で白という意味。一般的なマルゲリータはトマトソースで赤色をしていますが、ビアンカはトマトソースを使っていないため白い仕上がりになっています。ソースではなくトマトそのものを使っているので、トマト好きには特におすすめ。ほんのり甘みのある生地と、チーズのまろやかさをお楽しみください。

デートから貸し切りまで! 使い勝手の良さも魅力

有名ブランド、オロビアンコの初プロデュースレストラン「オステリア オロビアンコ」の5番目の画像

大きなフロアでゆったりといただく美味しいイタリアン。駅から徒歩5分圏内で、仕事帰りの女子会や買い物帰りの夕食にも便利です。客層は男女半々くらいで、子ども連れでも気軽に過ごせる雰囲気があります。

また最大100名までOKの貸し切りにも対応しており、結婚式の二次会やパーティの会場にも利用可能。要望に応じた食材を使った料理やコースなどの提案にも対応してくれるので、気になる方は予約の際に問い合わせてみましょう。

地下鉄四つ橋線「西梅田駅」の9番出口から歩いて約2分、「北新地駅」からも徒歩5分ほどで到着します。ファッションブランドがプロデュースしたセンスのよい空間で、本格的なイタリアンが食べられる「オステリア オロビアンコ」。ランチとディナー両方営業しているので、気軽に足を運んでみてください。

スポット情報

OSTERIA Orobianco

OSTERIA Orobianco

大阪府大阪市北区堂島2-2-26 アバンダント堂島ビル 1F

06-6456-1122

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事