おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.09.27 | 公開 2017.09.27

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」

北浜エリアでおしゃれなランチを食べたいときは「cafe a vin Le BOIS(カフェ ア ヴァン ル・ボワ)」がおすすめです。大阪で人気の実力派フランス料理店がプロデュースしたカフェで、カジュアルにフレンチ仕込みの味が楽しめます。

時間の流れを忘れてしまうほどホッと心休まる空間

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」の1番目の画像

大阪・北浜エリアにある「cafe a vin Le BOIS(カフェ ア ヴァン ル・ボワ)」。小さなドアから2Fへ上がると、そこには都会のオアシスという名にふさわしい、自然を感じるナチュラルな空間が広がっています。

木の温かみを感じる内装に、座席をほんのり照らす間接照明。外観からは想像できないほど、店内はリラックスして過ごせる落ち着いた雰囲気です。洋書や観葉植物が飾られ、1人でも入りやすいアットホームさと開放感があります。

森の中にいるようなリラックス空間を目指して

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」の2番目の画像

店名の「Le BOIS」は、フランス語で森を意味します。一階部分には、姉妹店でもある人気のフレンチレストラン「La Tortuga(ラ・トォルトゥーガ)」があり、フレンチの要素を残しつつ気軽なカフェとして楽しんでもらえるようにとこのお店をオープンさせました。

ウッディーで緑あふれる空間を提供したいという想いのもと、窓から光が差し込み、音楽が流れる心地よい空間を実現させています。

美味しさの裏に隠れた、食材選びに妥協を許さない姿勢

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」の3番目の画像

シェフ自ら厳選した食材を使ったメニューが自慢です。牛肉や豚肉、野菜など使う食材の生産地に、実際に足を運んで選ぶほど徹底しています。

お店のイチオシは、「鳥取和牛のハンバーガー」。自然豊かな大地で育った鳥取の和牛は、柔らかい食感とたっぷりの肉汁が広がる最高品質です。鳥取和牛を使ったパティは噛むほどに肉の旨みがあふれ、じっくり煮込んだ玉ねぎやバンズとも相性抜群。幸福感に浸れる、絶品ハンバーガーをどうぞ。

ボリューム満点! 山盛りの自家製ハムを自分でサンド

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」の4番目の画像

もうひとつのおすすめが、「信州豚の自家製ハムサンド」です。これでもかというほど、お皿いっぱいに盛り付けられたハム。

こちらのハムサンドはセルフスタイルになっており、グリーンサラダやマッシュポテト、ピクルスにたっぷりのハムをお好みでパンに挟んでいただきます。サラダとして食べてハムの美味しさを堪能するもよし、サンドイッチにして豪快にかぶりつくもよし、その日の気分に合わせて召し上がれ。

完全予約制のパンを使った手作りメニューが人気

カジュアルだけど本格的! 背伸びをしないフレンチ風カフェ「Le BOIS」の5番目の画像

30~40代を中心とした女性がメインの客層ですが、男性のお客さんもたびたび訪れています。平日の13:00以降が比較的空いているので狙い目。

こだわりの食材を使い、提供する料理はすべて手作りという点が人気の理由です。サンドイッチやハンバーガーに使うパンは、入手困難の「生瀬ヒュッテ」のパンを使用しています。なかなか予約が取れない人気のパンをいただけるというだけでも、訪れる価値はありそうです。

京阪本線、OsakaMetro堺筋線の「北浜駅」から徒歩4分、4番出口が便利です。ファストフードとは一線を画す、本格的なハンバーガーやサンドイッチ、フレンチ感が残る贅沢なメニューを、リラックス空間でゆったりと楽しみましょう。

スポット情報

cafe a vin Le BOIS

cafe a vin Le BOIS

大阪府大阪市中央区高麗橋1-5-22 2F

06-4706-2200

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事