おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.09 | 公開 2017.11.09

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」

「ビストロ ボルドー」は、渋谷駅の西側、落ち着いたエリアにお店を構えています。主役はワイン! 料理を彩るためにワインを飲むのではなく、ワインに合わせて料理を楽しむ大人のビストロ。古き良きヨーロッパを彷彿とさせる落ち着いた雰囲気の中で、心ゆくまでワインを楽しめます。

ヨーロッパのワインセラーをイメージ

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」の1番目の画像

渋谷と言えば若者の街の代名詞ですが、「ビストロ ボルドー」は中心エリアの反対側。落ち着きのある西側エリアに位置しています。

通りから少し奥まったところにある入り口がレンガ造りの外観は、ヨーロッパのワインセラーをイメージしたもの。店内も重厚な木を基調とした落ち着いた雰囲気で、棚には多くのワインが所狭しと並んでいます。

ワインは常時350種類を用意

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」の2番目の画像

この店がオープンしたのは1970年、大阪で万博が開催された年です。「ボルドー」とはフランスの南西部に位置する世界有数のワインの産地。オープン当時は、ワインは日本ではまだまだ一般的でなく、知られているワインといえばボルドーくらいしかなかったことから、店名をボルドーと名付けたと言います。

店名が示す通り、ワインにはかなりのこだわりがありフランスワインを中心に常時350種類を用意。ヴィンテージワインの品揃えも豊富です。

赤ワインにも合う一品「鮎のコンフィ」

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」の3番目の画像

メニューはディナーコースのほか、ワインにあうアラカルトが充実しています。グランドメニューに加えて、季節ごとのおすすめメニューもあります。

「鮎のコンフィ」もそのひとつ。木曽川の鮎をオリーブオイルで煮込んだもので、低温でじっくり煮込んでいるので骨まで柔らかいのが特徴です。魚料理というと白ワインが合うと言われていますが、白ワインよりもブルゴーニュ産の赤ワイン「ピノ・ノワール」に合う味わいだそうです。

インスタ映えもバッチリ! 「大山地鶏の短剣焼き」

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」の4番目の画像

仔牛、鴨、うずら、うさぎ、仔羊などの肉料理も充実しており、ステーキをはじめロースト、煮込み料理などさまざまなメニューを楽しめます。

「大山地鶏の短剣焼き」は、短剣に見立てた串に大山地鶏を刺し、直火であぶった豪快な料理。テーブルには炎であぶった状態で提供されるため、思わず歓声が上がります。

オーナーのワインに対する愛情が伝わるお店

主役はワイン! ワインを楽しむための本格フレンチ、渋谷「ビストロ ボルドー」の5番目の画像

お店のワインセラーにあるワインは、オーナー自らあらゆるワインを試飲して選び抜いた逸品ばかり。合成保存料を最小限に抑えた高品質のワインを取り揃えています。

料理はワインを楽しむためのものであり、また、ワインは料理を引き立てる役割をする、と考えるオーナー。ワインと料理の関係を大切にしているオーナーのこだわりが伝わってくるような、ワイン好きにはたまらないお店です。

「ビストロ ボルドー」は、JR各線・東京メトロ各線「渋谷駅」から徒歩約10分。13Aの出口からすぐのアクセスです。ワインの普及とともに歩んできた歴史がある古き良きビストロ。ワイン通の人もそうでない人も、ぜひ本物のワインを味わってみてください。

スポット情報

ビストロ ボルドー

ビストロ ボルドー

東京都渋谷区渋谷1-15-16

03-3400-5949

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事