おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.09.04 | 公開 2017.09.28

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」

東京・麻布十番商店街の一角に店を構える「紀文堂(きぶんどう)」は、ワッフルが人気の和菓子店。創業百余年を誇る老舗で、創業以来職人がていねいに焼き上げる人形焼など手焼きの和菓子一筋で歴史を刻んできました。「紀文堂」のワッフルは、洋風のワッフルとはひと味違った優しい味わいが人気です。

1910年(明治43年)創業の老舗和菓子店

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」の1番目の画像

色濃く残る下町情緒とおしゃれなカフェなどの新しい文化が融合した街、麻布十番。その一角に店を構える「紀文堂(きぶんどう)」は、1910年(明治43年)の創業です。

レトロなビルの1階にあるお店の外観は、昔ながらの和菓子店の装い。「紀文せんべい」や「人形焼」の文字が目に飛び込んできます。店内には創業当時のものと思われる看板などが飾られています。

昔ながらの手焼き製法を伝承!

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」の2番目の画像

紀文堂総本店の創業は1890年(明治23年)。麻布十番の紀文堂は、1910年(明治43年)にのれん分けされました。現在の店主は三代目。紀文堂百余年の伝統を守るために、昔ながらの手焼き製法にこだわった和菓子作りの手練を極め、伝承してきました。

原料も有機素材のみにこだわった昔ながらのもの。添加物は一切使用せず、自然調味による素朴でやさしい味の和菓子を、ひとつひとつていねいに手作りしています。

伝統の味「七福神手焼き人形焼」

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」の3番目の画像

東京の下町の名物として知られる人形焼。現在ではさまざまな形の人形焼が東京土産として販売されていますが、紀文堂の人形焼は昔ながらの七福神の顔の形をしています。

ふっくらした生地の中に北海道産の良質の小豆を使用したあんがたっぷりと入っていて、七福神の顔もどこか温かみがあり愛嬌あふれる表情をしているのが特徴です。

話題の新しい看板商品「ワッフル」

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」の4番目の画像

伝統の手焼き製法を守り続けてきた「紀文堂」の新しい看板商品が「ワッフル」です。50年以上変わらな味わいを守り続けている商品ですが、テレビで紹介されたことによって、一気に人気に火が付きました。

ワッフルの中身は、カスタードクリームとあんずジャムの2種類。期間限定で抹茶や塩桜あんなどが店頭に並ぶこともあります。ふわふわの生地にジャムやクリームがたっぷり入ったワッフルですが、洋風のスイーツではなく、れっきとした和菓子。素朴で優しい味わいが楽しめます。

伝統の味を守り続けたい!

職人が手焼きする伝統の人形焼&ワッフル・麻布十番「紀文堂」の5番目の画像

下町情緒の残る麻布十番ですが、最近はおしゃれなカフェやチェーン店が増えてきて、昔ながらの個人商店が少しずつ減っているのが現状。

「紀文堂」の店主は「伝統の味を守り続けたい! 」と四代目となる息子と2人で、一品一品ていねいに手焼き菓子を作り続けています。お店の奥で手焼きしているので、できたての味が楽しめるのも魅力のひとつです。

東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口からは徒歩3分、都営大江戸線「麻布十番駅¥の7番出口からは約2分のアクセスです。昔懐かしい味わいでお財布にも優しい伝統の和菓子は、お茶にもコーヒーにもよく合います。

スポット情報

麻布十番 紀文堂

麻布十番 紀文堂

東京都港区麻布十番2-4-9

03-3451-8918

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事