おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.09.04 | 公開 2017.09.28

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓

東京・神楽坂の「蕎楽亭(きょうらくてい)」は、ミシュランで一つ星に輝いた打ち立ての極上そばが自慢のお店です。店内で製粉した会津産のそば粉を使うのがこだわり。店内でそばを打つ様子が見られたり、カウンター越しに調理の様子が見られたり、ライブ感も味も楽しめる場所となっています。

ガラス越しに見る打ち立てそばとカウンター席が魅力

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓の1番目の画像

神楽坂の「蕎楽亭(きょうらくてい)」は、入り口横のガラス越しにそばを打っている姿を見ることができます。「石臼挽 手打 蕎楽亭」と描かれた味のある木の看板に誘われて入った店内は、カウンターを主体とし、店主と直接話ができる近い距離感で、気兼ねなく過ごせる空間となっています。

ミシュランで一つ星を獲得した名店ですが、肩ひじ張らずひとりでも入りやすい雰囲気が魅力。気軽に打ち立ての本格そばが味わえるお店です。

ミシュラン一つ星獲得のそばを楽しめる場所

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓の2番目の画像

1998年に創業した「蕎楽亭」は、2005年に現在の神楽坂へ移転しました。店名は、「蕎麦」を「楽しむ」「宿、場所」の意味が由来となり名付けられました。

そば打ちの様子を見ることができたり、調理の様子が見られたり、その名の通り、そばを存分に楽しめる場所になっています。店主とカウンター越しに話をしながら待つ時間も楽しいお店です。

伝統的な「2色そば」、変わり種の「トマトそば」

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓の3番目の画像

厳選した会津産のそば粉を使った「2色そば」は、色合いも風味も異なる2種類のそば粉を用いた極上そばが味わえる一皿です。会津産のそばは店内の石臼で製粉しています。

「トマトそば」は、トマトソースがそばの上にのっているという、新感覚の変わり種そば。バジルがアクセントになったトマトソースが意外と日本そばにマッチし、クセになる味わいです。

人気豆腐店の「生ゆばの刺身」はおつまみに最適

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓の4番目の画像

日本橋・浜町で人気の老舗豆腐店から毎朝直送される「生ゆばの刺身」は、おつまみに最適な一品です。大豆のうまみを凝縮した生ゆばは、舌触りもなめらかでツルンとした食感。出汁につけて食べれば、ゆばと出汁の2種類のうまみのハーモニーが楽しめます。付け合わせにカウンターで揚げるできたての天ぷらも、種類が豊富でおすすめです。

打ち立てそばやできたて天ぷらをカウンターで楽しむ

ミシュラン一つ星獲得! 神楽坂「蕎楽亭」で打ち立て極上そばに舌鼓の5番目の画像

会津産の厳選したそばを自家製粉し、打ち立て&ゆでたてを提供することにこだわっているお店です。ガラス越しに見るそば打ち職人の手際の良さに見とれ、カウンターでできたてのそばを味わうことができます。

ミシュラン一つ星獲得のおいしいそばと揚げたての天ぷら、お酒が進むおつまみを食べに何度も訪れたくなるお店です。

「蕎楽亭」は、JR総武線・東京メトロ各線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」徒歩5分とアクセスが良いのも魅力のひとつ。2階に大きなちょうちんがあるビルの1階で、入り口横のガラス越しにそば打ちの様子が見えます。ミシュランで星を獲得した絶品を味わいに足を運んでみませんか?

スポット情報

蕎楽亭

蕎楽亭

東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館 1F

03-3269-3233

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事