おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.21 | 公開 2018.04.21

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックス

東京・葛飾にある「Hana Labo」は、お花に囲まれた小さなアトリエ。フラワーボックスやハーバリウムなどを作れるワークショップを随時開催しています。世界にたった1つだけのギフトを作って、いつもお世話になっている人へ感謝を込めて贈りませんか?

お花に囲まれた創造アトリエ「Hana Labo」

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの1番目の画像

東京・葛飾区四つ木にある「Hana Labo(ハナラボ)」はアットホームなアトリエ。ガレージだった場所を改装してアトリエにしたそう。“花・草・木を自由に楽しむ”をコンセプトに、プリザーブド加工・ドライ加工の草花をつかった1dayレッスンや出張ワークショップを開催しています。

母の日の贈り物にぴったり「フラワーボックス」

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの2番目の画像

母の日にはお花を贈ることが習慣となっていますが、今年は一段と想いを込めて手作りの「フラワーボックス(4,800円)」を贈りませんか? 「Hana Labo」のワークショップは少人数制で開催しており、フワラーアレンジ未経験でもスタッフが優しく教えてくれます。素敵な作品が出来上がるので、贈る人に“手作り”と伝えると驚いてくれるはず。

TIPS1:箱とメインのお花を選ぶ

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの3番目の画像

まずお花を入れる箱を選び、メインとなるお花を選びます。色や柄など豊富に取り揃えており、その組み合わせで印象が変わるのでどれにしようか迷ってしまうほど。贈る相手を思い浮かべながらお花を選んでくださいね。

TIPS2:バランスを見てお花を差し込む

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの4番目の画像

花材を整えたら、箱に土台となるオアシスを敷きます。オアシスにしっかりお花が固定されるように がくを切り、曲げたワイヤーをお花に接着してバランスを見ながら敷き詰めます。

TIPS3:あじさいやリボンなどで隙間を埋める

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの5番目の画像

お花を敷き詰めたら、あじさいやリボンなどで隙間を埋めていくと世界で1つだけの「フラワーボックス」の完成です。

贈り物やウェディング、自宅のインテリアとして

葛飾にある小さなアトリエ「Hana Labo」で作る可憐なフラワーボックスの6番目の画像

「Hana Labo」では「フラワーボックス」以外にもハーバリウムや花時計など様々なワークショップを開催しており、贈り物はもちろん自宅に華を添えるインテリアとして人気があります。

京成押上線「四ツ木駅」徒歩3分。出張ワークショップも行っているそうなので遠方の人はぜひ相談してみて。いつもお世話になっている人へ、想いを込めて素敵な作品を作ってみてはいかがでしょうか?

スポット情報

Hana Labo

Hana Labo

東京都葛飾区東四つ木4丁目13−10

03-6873-6026

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事