おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.04 | 公開 2017.10.04

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢

東京・向島にある「こぐま」は、1927年に建てられ薬局として利用されていた建物で営まれている古民家カフェ。不思議と落ち着ける空間の中、オーブンで仕上げる本格派な焼きオムライスをはじめとした食事や、スイーツをいただけるのが自慢。向島エリアを訪れたら、押さえておきたいお店です。

薬局だった頃の面影を残す、レトロで落ち着ける空間

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢の1番目の画像

東京・向島にある「こぐま」は、木の引き戸や格子窓の情緒あふれるレトロなお店。可愛らしいくまの看板と、入り口にかけられたのれんが目印です。

1927年に建てられたお店の建物はかつて薬局だったこともあり、店内には薬を入れていた棚に本がズラリと並んでいます。入り口のドアの中にもドアがあり、ガラスには「化粧品・クスリ」と印字され、薬局時代の面影が残る空間が広がっています。学校で使われているような机と椅子が並び、椅子の上にはクッションがちょこん。柱時計が静かに時を刻む、レトロで落ち着ける空間です。

向島が好き、お店の空間が好きな店主が営むカフェ

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢の2番目の画像

2006年にオープンした「こぐま」。昭和の面影を残す向島エリアの穏やかな雰囲気に惹かれた店主が、足しげくこの向島界隈に出向くなかで、この物件と出会ったことがきっかけとなりお店をオープンしました。薬局として使われていた建物の空気感を活かしたいとの思いから、古民家カフェというコンセプトにたどり着きました。

オーブンで焼き上げる「焼きオムライス」が絶品

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢の3番目の画像

「焼きオムライス」は、お店オリジナルのレシピで作られる人気メニュー。「すみだモダン」飲食店メニュー部門ブランドの認証を受けた1品です。

スプーンを入れると、熱々のたまごの下からとろりととろけるチーズが顔をのぞかせます。チーズの下のケチャップライスは、オリジナルブレンドのハーブスパイスが効いており、スパイシーな味わい。たまごが生の状態からオーブンで焼き上げる、ここでしか味わえないオムライスです。

可愛い見た目で上品な味わいの「あんみつ玉」

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢の4番目の画像

「あんみつ玉」は、デザートやカフェタイムに注文したい人気スイーツ。こちらも「すみだモダン」飲食店メニュー部門ブランドの認証を受けています。

フルーツと自家製のあんこを寒天で包み丸い形に仕上げた、可愛い見た目の逸品です。寒天は信州産のもので、あんこはお店で炊き上げています。甘さ控えめに仕上げており、上品な味わい。冷たく冷やされたあんみつ玉には、お好みで自家製黒蜜をかけていただきましょう。

オリジナルレシピで、驚きと感動を味わえるお店

ノスタルジックな空間の「古民家カフェ こぐま」は、驚きが味わえるメニューが自慢の5番目の画像

この店でいただけるメニューはどれも、実験や冒険をしてレシピが作られており、驚きと感動を味わえるのが特徴です。例えば、焼きオムライスに添えられたコンソメスープには、隠し味にほうじ茶が用いられており、どこか和のテイストが感じられます。

お店に来られるお客さんは、20~70代と、幅広い世代の方々。古民家カフェという先入観をも超える、懐かしさを感じさせながらも他にはないメニューを楽しめるお店です。

お店は、東武スカイツリーラインの「曳舟駅」から徒歩8分ほどの場所にあります。「吉川英治旧居跡」の目と鼻の先にあるので、合わせて訪れるのも良いでしょう。あなたも古民家カフェ「こぐま」で、オリジナルメニューを楽しみながら穏やかなひとときを過ごしませんか。

スポット情報

こぐま

こぐま

東京都墨田区東向島1-23-14

03-3610-0675

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事