おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.02 | 公開 2017.10.02

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」

西日暮里にある「Boulagerie ianak!(ブーランジェリー イアナック)」は、テイクアウト専門のパン屋さん。お店に行くと常時80種類ほどのパンが出迎えてくれるため、どれを買おうか悩むほどです。また、素材や製法にこだわったパンは、もちもちした食感で買った翌日もおいしいもの。今回はおすすめのパンを3つご紹介します。

「普段使いの毎日食べても飽きないパン」がコンセプト

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」の1番目の画像

場所は西日暮里。オレンジ色のフレームの窓や、白いドアが可愛らしい印象の「Boulagerie ianak!(ブーランジェリー イアナック)」は、「OPEN」と書かれたプレートがかけられたドアが出迎えてくれるお店です。

お店に入ると、様々な種類のパンが所狭しと並んでいて、商品の説明が書かれたPOPがプライスカードに貼られています。説明を読むと全てのパンを味わってみたくなることでしょう。

店名の「ianak」は、オーナーシェフの名字である「カナイ(kanai)」を逆から読んだもの。「普段使いの毎日食べても飽きないパン」がコンセプトのお店です。

フォトジェニックな萌え断が自慢の「アボカドサンド」

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」の2番目の画像

「アボカドサンド」は、ボリューム満点で人気のサンドウィッチ。

主役となるアボカドの他にもブロッコリースプラウトやレタス、ハムにチーズ、オニオンスライスと沢山の具材をサンドしています。これらの具材をまとめるパンは、雑穀入りのシリアルブレッドです。プチプチとした食感が楽しく風味が豊かなパンは、盛りだくさんの具材に引けを取らない程おいしいもの。

そのフォトジェニックな見た目から、食べる前に写真を撮る人が多いサンドウィッチです。

有名店のソーセージを使った「ホットドック」

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」の3番目の画像

「ホットドック」は、ジューシーなソーセージを挟み込んだ人気商品。ソーセージは「千駄木越塚」のものを用いており、噛むほどにしっかりと肉の旨味が感じられることや、プリッと弾けるような食感が自慢です。

ソーセージの旨味にも負けない、風味豊かな全粒粉のドッグパンに挟み込むことで、バランスよくおいしいホットドックに仕上がっています。

ナッツやベリーが盛りだくさんの「フルーツライ」

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」の4番目の画像

「フルーツライ」は、ナッツとドライフルーツが沢山入った味わい深い人気商品。カンパーニュー生地の中には、レーズンやクランベリー、ピスタチオやヘーゼルナッツがごろごろと入っており、パン生地よりもナッツやベリーの割合が多いほどです。

ずっしりと重みがあるパンで、トレーに乗せた時にその重さに驚くことでしょう。噛むほどにライ麦やナッツ、ベリーの旨味が感じられる、食感も楽しいパンです。

翌朝の朝食にしたい! 買った次の日もおいしいパン

毎日食べても飽きない! 素材や製法にこだわる西日暮里のパン屋「ianak!」の5番目の画像

「ianak!」のパンは長時間かけて低温発酵して作られており、生地がつまってもっちりとした食感が楽しめるのが魅力です。買った次の日でもおいしく食べられるように心がけて作られているため、翌朝の朝食用に購入するのもおすすめ。酵母や粉、チョコレートなどは、パンによって何種類もの中から使い分けているこだわりようです。

こだわりのパンは常時80種類程がラインナップされており、季節限定の商品の用意もあります。人気のお店ですが、土日に比べると平日の方が入りやすいでしょう。

お店 はJR山手線、東京メトロ千代田線「西日暮里駅」から徒歩4分ほどの場所にあります。1番出口を出たら、「道灌山通り」を「西日暮里四丁目交差点」目指して進みましょう。あなたもこだわって作られたパンを買いに、「ianak!」 に足を運んでみませんか。

スポット情報

Boulagerie ianak!

Boulagerie ianak!

東京都荒川区西日暮里4-22-11

03-3822-0015

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事