おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.13 | 公開 2017.10.13

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。

東京たいやき御三家のひとつとして長年愛され続けている「わかば」。四ツ谷の老舗甘味どころとして、自家製法にこだわり続けているお店です。ひとつひとつ丁寧に焼きあげる一丁焼という手法を取られているたい焼きは、尻尾までぎっしりあんこが詰まっており、絶品です。

風情あるお店で焼かれている絶品のたい焼き

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。の1番目の画像

新宿通りから路地へと入っていくと、香ばしい香りがどこからともなく漂ってきます。その香りにつられていくと、歴史を感じさせる風情ある商店が見えてきます。それが、たい焼きの名店、わかばです。店頭では店員さんが、一丁焼と呼ばれる手法でたい焼きの型を手際よく動かしながら、次から次へとたい焼きを焼いています。その姿を見るのもまた楽しいものです。

歴史と伝統、そしておいしさを長年守り続けています

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。の2番目の画像

わかばは昭和28年に創業されました。演劇評論家である安藤鶴夫氏からの言葉、「たい焼きの尻尾には、いつもあんこがありますように」を社訓とし、長年変わらぬおいしさを提供し続けています。その味は多くの人々に愛され、いまや「東京たいやき御三家」及び、「三大たい焼き」のひとつと称されるほどの有名店となっているのです。

パリッとした皮にびっしり詰まったあんこが絶品

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。の3番目の画像

行列ができるほどのおいしさを誇る「たいやき」は、非常に人気が高く、毎日その味を求めて長蛇の列ができるほどです。皮は非常にパリパリしており香ばしさを感じます。上質の小豆から作られたあんこは甘味と塩気のバランスが絶妙。甘すぎないので、いくらでも食べられ、皮との相性も最高です。尾びれに「わかば」と店名が入っているのも特徴。

たい焼きだけじゃない! 絶品甘味が盛り沢山

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。の4番目の画像

わかばはたい焼き以外にも、おいしい甘味が揃っています。なかでも団子は、店先にメニューが出るほどの人気ぶり。もちもちとした団子に、たい焼きで使用されるあんこを乗せて、贅沢に食べることができます。また、あんこだけでの販売もされており、家庭でわかばのおいしさを堪能することも可能。夏季にはかき氷も登場し、季節感も楽しめるお店です。

「天然物」と呼ばれるおいしさをご賞味ください

これぞ伝統の味! たい焼き「わかば」の長年守り続けられたおいしさをどうぞ。の5番目の画像

わかばのたい焼きは、一度に大量生産しているのではなく、ひとつひとつ丁寧に焼きあげていることから、「天然物」と呼ばれています。鋳製の焼き型で、ひとつずつ返しながら焼きあげられたたい焼きは、表面のうろこの模様がとても美しく浮き上がります。これこそが天然物のたい焼きの特徴で、技術と経験が生み出す職人技なのです。

わかばはJR中央線、東京メトロ丸ノ内線及び南北線四ツ谷駅から徒歩5分のところにあります。長年愛され続けている伝統の味、日本が誇るスイーツを是非味わってみてください。

スポット情報

たいやき わかば

たいやき わかば

東京都新宿区若葉1-10

03-3351-4396

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事