ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2017.11.12 ・ POST 2017.11.12

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食

大阪府 > 北新地

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 14

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルの奥にひっそりたたずむのは、くつろげる大人の隠れ家

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食の1番目の画像

大阪・北新地にある「和み酒 仁」は、ビルの廊下を進んでいった奥まった場所にあります。あらかじめお店を知っている人以外には、なかなか見つけられない場所でしょう。

「仁」の文字の入った白いのれんをくぐると、カウンターが6席と、テーブルが2卓というこぢんまりとした店内。まさに大人の隠れ家という雰囲気です。ほどよい高級感で、かしこまりすぎず、くつろいで料理を楽しめます。

素材の持ち味を最大限に引き出す調理法が店主の得意技

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食の2番目の画像

店主が手がける和食料理は、その食材の持ち味を最大限に生かす調理法にこだわって作られています。どのメニューも手間を惜しむことなく、それぞれの食材に合った方法で丁寧に調理。そのこだわりは、口に入れた瞬間に分かるでしょう。

日本酒の種類も豊富で、手間ひまかけられた美味を味わいながら静かにお酒をたしなみたい夜にぴったりのお店です。

長崎出身のオーナーだからこそのアイディアが光る!

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食の3番目の画像

長崎出身というオーナーが手がけるオリジナル春巻き、「ちゃんぽん春巻き」。名前の通り、中にちゃんぽん麺が入っています。

キャベツや豚肉の具材が絡まり、中はトロトロアツアツ。ちゃんぽんのうまみをパリパリの春巻きの皮の中にぎゅっと詰め込んだ逸品です。カリッ&トロッの食感は、一度食べるとやみつきになります。ビールや日本酒のお供にも最適です。

季節の具材を贅沢に、時間をかけてじっくり仕込む

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食の4番目の画像

シメの一品にもおすすめなのが「土鍋ごはん」です。季節によって具材は変わりますが、たとえば香住産のカニに北海道産のイクラなど、贅沢な具材がたっぷり入っています。

40分かけて土鍋で炊き上げられたご飯と具材は、ふっくらとうまみを閉じ込めたゴージャスな味わい。じっくりと体に沁みわたるような、しみじみとした美味しさです。

ランチ人気はコスパ最高の「仁弁当」や「生黒鮪しらす丼」

上品な味わいにうっとり。北新地「和み酒 仁」で味わう創作和食の5番目の画像

ランチ営業も行っていて、「コストパフォーマンスが高い」と毎日多くの人でにぎわっています。その中でも特に人気なのが20食限定の「仁弁当」。まるで会席料理のような手の込んだ料理が美しく詰められています。中身は月替わりなので、毎月楽しみにしているファンも多いようです。

その他「生黒鮪しらす丼」なども、「ランチで食べられるクオリティとは思えない」と高く評価されている人気メニュー。ランチでお手頃に楽しむのもおすすめです。

JR東西線「北新地駅」1番出口から、徒歩3分ほどの場所にあるお店です。ビルの1Fにあり、こぢんまりとした店構えですが、わざわざ足を運ぶ価値のあるお店。ぜひ「仁」の名前の入ったのれんを探してみてください。

スポット情報

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!