おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.08 | 公開 2017.10.08

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能

東京・銀座に、京都で行列のできるアイス専門店として知られる「ハンデルスベーゲン」が上陸しました。初めての感覚に出合える、できたてアイスとは?国産の果物を使った材料やできたてふわふわの食感など、リッチなおいしさを体験できるハンデルスベーゲンの魅力をご紹介しましょう。

スタイリッシュながら気軽に立ち寄れる雰囲気が魅力

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能の1番目の画像

東京・東急プラザ銀座の地下にあるアイスクリーム店「ハンデルスベーゲン」。出迎えてくれるのは、カップに入ったアイスクリームを描いたキュートなロゴ。ヨーロッパのパティスリーやジェラート屋さんを思わせる、スタイリッシュな外観に期待が膨らみます。

扉が無いため、開放的な空間が広がります。魅力は何と言っても、毎朝作られるできたてのアイスクリームを気軽に味わえること。店内にはテーブルやベンチシートが設けられ、ショッピングの休憩として利用するのもぴったりです。

京都で生まれた日本らしいアイスクリームのかたち

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能の2番目の画像

「ハンデルスベーゲン」が生まれたのは、一流が集まる京都。アイスクリームをつくるのはパティシエではなく、なんと京都の料亭や旅館で修業を積んだ和食の料理人です。

和食の基本であるダシが全体の味を決めるのと同様に、アイスクリームのおいしさにもベースが重要だと気づいたそう。「ハンデルスベーゲン」のおいしさは厳選素材とその配合、調理方法や時間などすべてのバランスが整うというベースの上で生み出されたのです。

和食の考え方から見えてきた日本らしいアイスクリームを、存分に味わいましょう。

3つの食感が掛け合う「ホットアイスクリームサンド」

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能の3番目の画像

お店おすすめのメニューは、2017年冬に登場した「ホットアイスクリームサンド」。ふわふわとカリカリ、ふたつの食感がたまらない一品です。相反する食感の両立の秘密は、本来アイスクリームコーンを作るための鉄板でブリオッシュをプレスすることだそう。

カリッとふんわりの熱々ブリオッシュのなかで、冷たいアイスクリームが抜群においしく感じられる絶妙なとろけ具合。アイスクリームの新しいおいしさに気付かされます。カップに入れられた「できたて アイスクリーム」も定番の人気商品です。

季節の味が楽しめる「アイスクリームスムージー」

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能の4番目の画像

アイスクリームに続いて隠れた人気メニューとなっているのが、「アイスクリームスムージー」。フレッシュでさっぱりとした味わいが、ショッピングや銀座散策をして疲れた体に染み渡ります。

定番のフレーバーに加えて、季節ごとに限定フレーバーが登場するというこの商品。夏には「太陽味のライチ&塩檸檬」のスムージーが人気を集めました。季節によって旬の素材を活かした味わいを楽しめるのが魅力です。

来店のたびに異なるリッチさを提供してくれる極上の旬素材

板前が生み出す和を感じるアイスクリーム。京都の行列店の味を銀座「ハンデルスベーゲン」で堪能の5番目の画像

ハンデルスベーゲンでは、日や季節によって異なるフレーバーを提供。アイスクリームのベースも、四季によって調整するというこだわりぶりです。また、ハロウィンやクリスマス、バレンタインといったイベントにちなんだ限定商品も登場します。

京都祇園の抹茶や宇治産ほうじ茶のほか、イタリア産チョコレートや福岡産あまおうなど、世界各国から取り寄せた旬素材のフレーバーも。一年かけて完成した日本独自のアイスクリームベースにリッチ感をプラスしてくれるのが、極上の旬素材たちです。

「ハンデルスベーゲン」は東京メトロの東京メトロ各線「銀座駅」C2・C3出口から徒歩1分。東急プラザ銀座のB2Fにあります。京都生まれ、日本だけのリッチなアイスクリームを味わいに出かけてみてください。

スポット情報

ハンデルスベーゲン銀座店

ハンデルスベーゲン銀座店

東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2F

03-3575-5300

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事