おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.06 | 公開 2017.10.06

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」

札幌・南7条西の閑静な住宅地にひっそりとたたずむ1軒のパティスリー「C'est BO et BON(セボーエボン)」。中に入ると、ピンクや紫など色とりどりのマカロンや、キレイにデコレーションされたケーキがたくさん並んでいます。さっそく、おいしい魔法にかかってみましょう。

住宅に囲まれた静かでおしゃれなスイーツ店

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」の1番目の画像

「C'est BO et BON(セボーエボン)」は、静かな住宅街の中、シックな造りの建物の中にあります。黒の扉に小さなプレートを掲げた看板と、シックでスタイリッシュな店構え。

中は、レンガのようなおしゃれな壁に木目調の内装で、清潔感のある雰囲気が広がります。リビングルームとキッチンをイメージした落ち着く空間です。お店に足を踏み入れるだけで幸せな気分にさせてくれます。

パティシエはフランスの有名店で腕を振るった実力者

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」の2番目の画像

店名は、フランス語で「美しくおいしく」という意味の「C’est BO et BON」。最高の素材と最高の技術で作る本格的なフランス菓子を販売しています。オーナーパティシエはフランスで2年修業した後、青山のピエール・エルメでスーシェフを務めた実力派。その後、地元の北海道に戻り、2016年9月に札幌で近代フランス菓子のお店をオープンさせました。

小さくたって満足感いっぱい! 彩り豊かな「マカロン」

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」の3番目の画像

「パティスリー界のピカソ」の異名を持つ「ピエール・エルメ」で経験を積んだオーナーが作るスイーツの数々。中でも「マカロン」は外せません。

人気のカフェやショコラ、彩りが美しいカシスやフランボワーズ、ピスターシュやクレームブリュレなど、豊富な種類が並びます。外側はフカフカ、中身はしっとりねっちりの食感のマカロン。1つだけでも満足度の高いスイーツです。

ひとり占めしたくなるほど洗練されたケーキたち

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」の4番目の画像

いつまでも眺めていたくなる芸術的なケーキも、このお店の特徴。どのケーキも、ディテールまで気を配って仕上げられており、モンブランやミルフィーユなど定番のケーキでも、ほかのお店とはどこか違う繊細で上品な味わいを楽しめます。普段の日をぜいたくな気分に盛り上げてくれ、特別な日はもっと華やかにしてくれるケーキです。

ショーケースにはベストな状態のスイーツしか並ばない

美しさとおいしさの才色兼備! 本格フランス菓子「セボーエボン」の5番目の画像

見た目だけでなく、味だけでもない、見た目と味の両方を大切にしたケーキ作りを徹底しています。20代~50代の地元客を中心に、幅広い年齢層に親しまれているお店です。人気店ゆえ、品薄や売り切れになることも珍しくありません。

お店のケーキを目当てに、遠方からわざわざやって来る人もいるそうです。お目当ての商品が欲しい場合は、早めの時間に訪れることをおすすめします。

お店へは、札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」から歩いて15分。円山裏参道の南側にある公園の向かい側にあります。店の前に3台分の駐車場があるので、車での来店も可能です。魔法がかかったかのような、美しさとおいしさを兼ね備えたケーキ。「セボーエボン」の魔法にかかってみませんか?

スポット情報

C'est BO et BON

C'est BO et BON

北海道札幌市中央区南7条西24-2-3 カルムマルヤマ 1F

011-213-1065

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事