おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2018.05.27 | 公開 2018.05.27

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」

アクセス良好で、汐留のビジネス街の雰囲気が取り入れられた「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」は2013年に新たにコンセプトルームを設けました。ひとつの部屋に対するホテルのこだわりや、気になるレストラン情報などをご紹介していきます。

コンセプトルームが有名でアクセス良好なホテル

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の1番目の画像

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」は、「街と、もてなす。」をコンセプトに、汐留のビジネス街の雰囲気を反映させたホテルです。2018年4月1日に「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」から「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」とホテル名が変更されました。JR・地下鉄新橋駅から地下通路「汐留シオサイト」方面へ進むことで地下通路を経由できるため雨天時も雨に濡れることなくホテルに到着できます。

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」は2013年、26Fのフロアにコンセプトルームを集めた「ホテルライフスタイル アーケード」を展開しました。さまざまなデザイナーやブランドがコンセプトルームの部屋作りを手がけており、ひと部屋ひと部屋へのホテルのこだわりが見て取れます。

気分に合わせて宿泊できるのが嬉しい!

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」には、オフィス機能を兼ね備えた「スタンダードフロア」、ホテルの最上階にあたる「プレミアムフロア」、有名デザイナーやブランドがデザインした「コンセプトルーム」などが用意されており、用途や気分に合わせて宿泊ができます。以下では、「プレミアムフロア」と「コンセプトルーム」についてご紹介したいと思います。

最上階に位置するプレミアムスイート

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の最上階38Fに位置する「プレミアムフロア」。その中でもおすすめのお部屋は、「プレミアムスイート」です。

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の2番目の画像

およそ77平米ある「プレミアムスイート」のツインでは黒を、キングでは赤を基調としたデザインになっており、どちらもラグジュアリーな雰囲気が漂います。「ジュニアスイート」同様、アメニティも充実。リビングルームとベッドルームには仕切りがあるため、来客があってもプライベートな空間を維持したまま有意義な時間が過ごせるでしょう。

洗練されたデザインが特徴的なコンセプトルーム

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の3番目の画像

コンセプトルームは全部で9種類のブランドで展開されています。中でもホテルのおすすめは、1973年にロンドンに誕生した「ザ・コンランショップ」でコーディネートしたお部屋です。

シックな椅子や本棚のほか、「ザ・コンランショップ」のベッドも用意されています。広さ26平米の部屋には「モノやコト」を考えられるようにというコンセプトがあり、本棚やヴィンテージ調のデスクが完備。普段とは違う空間でのアイデアは、一層洗練されたものになるはずです。

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の4番目の画像

イタリアの家具メーカーであるポルトローナ・フラウ社が手がける家具でコーディネートされたコンセプトルーム「ポルトローナ・フラウルーム」は、ホテルのイチオシ。窓から東京タワーが眺められる、56.8平米の広々とした「ジュニアスイート」タイプのお部屋です。

“ジャン・マリー・マソー”氏や“ロベルト・ラッツオーニ”氏が手がけたデザインや、「ペレ・フラウ」といわれるしなやかな革、イタリアの職人技をふんだんに使用したインテリアの世界観を堪能できるお部屋になっています。ベッドには、柔軟な弾力性と優れたフィット感が特徴の「レガリア」を使用。日々の疲れが癒されること間違いなしです。

マクロビカフェからトレーニングジムまで充実した設備

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の5番目の画像

また、「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」には、客室以外にもさまざまな施設があります。24Fには厳選されたワインと中国料理が楽しめる中国料理「イクスヴァン」、1Fにはヘルシーな料理が楽しめるカフェ「チャヤマクロビ」、スペシャルな日をより彩りたい人に嬉しいお花屋さんデザインフラワー「ジェイ・ディー・クロス」や、宿泊者なら無料で利用できる「トレーニングジム」のほか、24時間営業のコンビニエンスストアなど、設備も充実しています。

高層階から眺められる景色と共に頂くディナーや朝食も要チェック

ホテルで頂くディナーや朝食も、宿泊する際の楽しみのひとつですよね。「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」では、高層階から眺められる景色と共にお食事を楽しめるのがポイントです。シェフが趣向を凝らしたメニューを、レストランの特徴などもあわせてご紹介します。

ディナーは贅沢な夜景とともに

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の6番目の画像

ディナーに迷ったら、メインダイニングである「ハーモニー」をおすすめします。広々とした窓から見える夜景を楽しみながら、贅沢なコース料理をいただけます。都心の夜に映えるきらびやかな東京タワーを眺めながらのディナーは格別で、忘れられない思い出になるはずです。

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の7番目の画像

オープンキッチンでは、シェフの腕前を実際に見ることもできます。シェフが選び抜いた食材本来の味を残しながら一手間が加えられた料理は、見ても美味しく食べても美味しいものばかりです。

ブッフェ形式でいただくバランスの良い朝食

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の8番目の画像

少し早起きしてぜひ食べていただきたいのが、ディナーと同じ「ハーモニー」で頂く朝食。6:30~10:00まで営業している朝食会場では、ブッフェ形式でいただけます。フルーツや野菜ジュースなどさまざまなメニューが豊富に用意されているため、健康的でバランスの取れた食事ができるでしょう。

ウエディングも魅力的な「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」

都心で過ごす上質なひととき「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の9番目の画像

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」は、ウエディングも魅力的。2018年の4月にウエディングプランをリニューアルしました。「地上100mで誓うウエディング」をコンセプトに、かけがえのない時間を一緒に作り出してくれます。

汐留の雰囲気を反映させ、ラグジュアリーな空間を演出している「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の予約はこちら

スポット情報

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留

東京都港区東新橋1-6-3

03-6253-1111

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「トラベル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事