おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年10月08日更新

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」

大阪・北新地にある「和食BAL Takeich」は、和洋折衷の創作料理が魅力。日替わり料理はなんと20種類以上! 出汁を効かせたパスタやトマトの入ったおでんなど、出汁に自信があるからこそ提供できる和洋折衷の創作料理が人気のお店です。

出汁の香りが食欲をそそる、和モダンな空間

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」の1番目の画像

本格的な和食を肩肘張らずに楽しめる、北新地の和風バル「和食BAL Takeichi」。一歩足を踏み入れると、広いカウンターキッチンの中から店主が穏やかに出迎えてくれます。大きな窓から差し込む明るい光がカジュアルな空間を演出。

明るい光に包まれ、出汁の香りが優しく漂っている店内のインテリアはまさに和モダン。全体的な配色と柔らかな木目調のカウンターは和食料理店の趣ですが、ワイングラスや種類豊富なワインをイタリアンレストランのように並べることで、和洋折衷な空間を作り上げています。

和食を気軽に楽しんでもらいたいという店主の願い

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」の2番目の画像

「和食BAL Takeichi」の店主は、京都の名門割烹「たん熊」で修業を積んだ後、本格的な和食をスペインバルのように気軽に楽しんでもらいたいという想いからお店を開業しました。

丹波にある店主の実家から届けられた野菜のおばんざいをタパス感覚で選んだり、魚介の調理法を店主に相談したりと、気軽に訪れてもらいたいと店主は話します。オリジナルの日替わりメニューを20種類以上用意しているので、毎日通っても飽きないお店です。

1人1個はお約束! 「BAL トマトのおでん」

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」の3番目の画像

このお店の不動の名物メニューといえば、「BAL トマトのおでん」。熱々の出汁に大きなトマトが丸ごと入った、見た目にもインパクトのある一品です。使用するトマトは店主の実家である丹波の農家で育てられた自慢のトマトを使用しています。

一番出汁であるカツオがトマトの甘みをさらに引き出し、深みのある味わいになっています。食べたときに口いっぱいに広がる、程よい酸味と出汁の旨みがたまりません。出汁ごと飲み干すところまでが一連の流れ。ジューシーなおいしさを最後まで堪能してください。

出汁が決め手の「花咲カニ トマトクリームパスタ」

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」の4番目の画像

季節や日によってカニの種類が変わる、「花咲カニ トマトクリームパスタ」。種類によっては、カニの足をまず刺身でいただいて、残った甲羅部分をパスタにしてくれることもあります。

見た目はイタリアン料理のようですが、こちらのお店はもちろん和食がベース。トマトソースに、店主自慢のカツオ出汁と出汁、白味噌、醤油をブレンドし、オリジナルのパスタソースに仕上げています。

他のお店では味わえない料理を追求

出汁の効いた料理が魅力の和風バル「和食BAL Takeichi」の5番目の画像

名門割烹で修業を積んだ店主の料理へのこだわりは、毎日提供される料理の豊富さにもつながっています。他のお店にはないメニューを味わってほしいという想いから日替わり料理を大切にした結果、毎日20種類以上考案中。

和食やイタリアンなどの枠組みをなくし、季節に応じてちょっとした変化も楽しみながら料理を味わってもらいたいと、日々おいしさへの研究に励んでいます。

JR東西線「北新地駅」東出口より徒歩3分ほどにある「和食BAL Takeichi」。平日の21:00以降は比較的ゆったりと過ごせます。仕事帰りやデートで、自慢の出汁を活かした創作料理の数々をぜひ味わってみてください。

スポット情報

和食BAL Takeichi

和食BAL Takeichi

大阪府大阪市北区曽根崎新地1-9-15 2F

06-6346-7228

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング