おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2016.09.20 | 公開 2016.09.20

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェ

表参道の喧騒からはなれた住宅街の一角に、雑誌「SWITCH」が運営するカフェRainy Day Bookstore & Caféがあります。過去の「SWITCH」が読めたり、美味しいコーヒーや食事も楽しめます。

雨で気分が晴れないときも。本を読むときは、心の落ち着く場所で

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェの1番目の画像

地下に続く階段を降りた先、ガラス張りの扉を開けると、ずらりと本が並ぶスペースと1段おりたところにカフェスペースが広がります。「Rainy Day Bookstore & Café」という名前は、作家の片岡義男さんが晴耕雨読の四文字熟語を使って名付けたそう。

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェの2番目の画像

本棚には、SWITCH、Coyote、MONKEYの最新号からバックナンバーまでが置かれており、在庫数が少なくなっているバックナンバー以外は購入もできるとのこと。もちろん、雑誌についている特典もその場でもらえます。

気さくな店主と心まで暖かくなるコーヒー

「SWITCHのファンでなくても大丈夫。もちろん、本を読まなくてもOK。自由に使ってほしいです」と話す店主の小田さん。実際に、ランチ目当ての人やPCで仕事をしている人、勉強している人、コーヒーを1杯飲んで帰る人など、さまざまな人が訪れるそうです。

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェの3番目の画像

コーヒーは、世田谷の堀口コーヒーを提供。「Coyote Blend」はしっかりしたもの、「MONKEY Blend」はあっさりしたものなど、それぉれの雑誌のイメージによせたセレクトを意識しているというのも面白い。

また、スペシャリティとして北欧スタイルの豆を使用したFUGLENコーヒーさんのものも置いているそう。すごく浅煎りで、とてもジューシーでベリーの味がするのだとか。

ペロリと食べられちゃう世界のごはん

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェの4番目の画像

フードメニューには、アメリカンホームメイドなパンケーキや日替わりで世界のお肉料理が楽しめる「今日のごはん」、特製チキンカレーなどがあります。特製チキンカレーには、骨付きのチキンがゴロゴロ入っており、スプーンでくずれるほどホロホロの柔らかさ。

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」は雑誌「SWITCH」のカフェの5番目の画像

そして、何といってもパンケーキ。ホットケーキほどしっかりした弾力ではなくスフレほど溶けない、絶妙な口当たりの柔らかさ。米粉も入っているそうで、もちもちの食感がたまりません。ペロリとなくなってしまいます。

センスのいい本との出会いや、気さくな店主とのおしゃべりを楽しみながら、美味しいごはんやコーヒーをいただく。とても贅沢な時間です。

取材・文/山田桃子

スポット情報

Rainy Day Bookstore & Café

Rainy Day Bookstore & Café

東京都港区西麻布2-21-28 B1F

03-5485-2134

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事