おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.19 | 公開 2017.10.19

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子

東京・西荻窪にある「Khanam(カナム)」は、かわいらしくおしゃれな雰囲気が漂う、テイクアウト専門の焼き菓子店。販売しているお菓子はどれも卵や乳製品が使われていないため、アレルギーがある人や、動物性食品の摂取を控えている人にうれしいお店です。「Khanam」の魅力をご紹介いたします。

厳選素材で作る、卵・乳製品不使用の焼き菓子が自慢

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子の1番目の画像

焼き菓子店の「Khanam(カナム)」があるのは東京・西荻窪エリア。白く塗られた木の外壁、茶色い木枠のガラスの引き戸、シンボルツリーと白い看板が目印です。店内にはスワッグが飾られ、ショーケースの枠が木製であることから、ナチュラルでかわいらしい雰囲気に仕上がっています。

2010年にオープンして以来、卵や乳製品を使わない焼き菓子のお店として人気を博し、2014年には同じ西荻窪に姉妹店のカフェ「trim(トリム)」がオープン。

シンプルながら厳選された素材で作られる焼き菓子はどれもおいしく、卵や乳製品のアレルギーがある方や妊婦をはじめ、多くの方に喜ばれています。

どっしりと食べごたえある「バナナシナモンケーキ」

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子の2番目の画像

「バナナシナモンケーキ」はお店がおすすめする人気商品です。動物性の材料は使用せず、国産小麦粉や洗双糖、オーガニック豆乳などのこだわり素材で作っています。

どっしりとした生地の上にオーガニックバナナをのせて焼き上げたケーキで、シナモンで香り付けされているのがポイント。バナナの歯ごたえが残されておりボリュームも十分のケーキは、夏場には冷やして食べるのもおすすめです。

もっちり食感とやさしい甘さの「米粉の甘酒マフィン」

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子の3番目の画像

「米粉の甘酒マフィン」は身体にやさしい、人気のマフィンです。卵・乳製品はもちろん、小麦も使用しておらず、生地は国産米粉100%でできています。玄米甘酒を生地に加えることで、やさしい甘さを加えました。

数あるマフィンの中でもやわらかさやもっちり感がきわ立ち、米粉の良さが最大源引き出されています。ひと口食べると甘酒の香りがふわっと広がり、ほどよく繊細な甘みがおいしいオリジナル商品です。

和の雰囲気を感じさせる「マーブルごまきなこケーキ」

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子の4番目の画像

「マーブルごまきなこケーキ」も人気の高い商品です。黒ごまときな粉、2層の生地はキメが細かく、やわらかな風合いに仕上がっています。小麦粉に米粉をブレンドすることが、しっとりふんわり、もちもちとした食感の秘訣。

生地の甘さは控えめで、ごまの風味ときな粉の甘さが適度に感じられます。どことなく和の雰囲気が感じられるケーキのため、コーヒーや紅茶、日本茶などさまざまな飲み物に合う万能スイーツです。

食べた人を笑顔にする、安心素材の焼き菓子が揃う店

卵・乳製品不使用! 誰が食べてもおいしい西荻窪「Khanam」の焼き菓子の5番目の画像

「Khanam」のこだわりは何といっても原材料。全ての商品は卵・乳製品を使用せず植物性の材料で作っており、中には小麦粉を使っていないものもあるので驚きです。

乳製品を使用していないと聞くと、パサついたボソボソとした食感をイメージしがちですが、こちらの店の焼き菓子は誰が食べてもおいしく仕上がっており、食べる人を笑顔にしてくれます。

商品は売り切れ次第閉店となります。オープンして間もない時間帯は、品揃えが豊富なのでおすすめです。

「Khanam」はJR中央線・総武線「西荻窪駅」から、徒歩3分ほどの場所にあります。南口を出て「仲通り商店街(アーケード)」を通り抜け、コーヒー屋と和菓子屋の間の路地を進むとお店が右側に見えてくるでしょう。身体にやさしい焼き菓子を、お茶の時間にいただきませんか。

スポット情報

Khanam

Khanam

東京都杉並区松庵3-38-20 KURA尾崎 1F

03-5930-1837

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事