おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.19 | 公開 2017.10.19

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理

東京・高円寺のベジタリアンレストラン「Lotus&Flower’s One(ロータス&フラワーズ ワン)」。菜食主義は日本ではまだマイナーかもしれませんが、肉や魚を使った料理にも負けないおいしさや満足感があります。ベジタリアンでなくても夢中になる、絶品の菜食料理をご紹介しましょう。

おいしさをとことん追求した新しい菜食料理

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理の1番目の画像

ベジタリアン料理が食べられる東京・高円寺のレストラン「Lotus&Flower’s One(ロータス&フラワーズ ワン)」。ベジタリアンやオーガニックと聞くと、おいしさが劣るのではないかと思われがちかもしれませんが、このお店では菜食とは思えないほど料理にコクがあり、エネルギーあふれるメニューがいただけます。

肉・魚・保存料不使用の菜食料理。素材の良さに加え、料理に向ける情熱が満足度の高いベジタリアン料理を作り出します。

明るく上品な雰囲気の店内は、落ち着いたトーンで清潔感ある内装。植物モチーフの装飾品も、店内の空気感にピッタリです。

肉厚のきのこからあふれ出す濃厚なうまみエキス!

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理の2番目の画像

メインディッシュのおすすめは、「白神アワビ茸のソテー リゾット添え」です。国内最高品質と評価される白神アワビ茸を、絶妙な火加減でソテーしています。

きのこの王様と称される白神アワビ茸のほどよくやわらかい食感と、凝縮したうまみを存分に楽しめます。ジューシーな味わいは、肉料理にも負けていません。トリュフが香るリゾットとともにめしあがれ。

特製ソースでたっぷりの新鮮野菜がモリモリ食べられる

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理の3番目の画像

野菜本来のおいしさをダイレクトに味わえる「有機野菜盛り合わせ 特製バーニャカウダ」。野菜の味を引き出すソースには、香味野菜やオリーブペーストを使用しています。

このソースがおいしさの秘訣。アンチョビ不使用なのにこれほどまでにコクのあるソースが完成するとは、驚きを隠せません。野菜をたっぷり食べられる、女性に大人気のヘルシー料理です。

野菜が主役のメインディッシュ! 高級きのこのパイ包み

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理の4番目の画像

きのこを使ったメインディッシュをもうひとつご紹介します。「ポルチーニ茸のパイ包み マデラ酒ソース」です。使うのは、イタリア北西部のピエモンテ州で採れたポルチーニ茸。ほどよい歯ごたえと芳醇な香りが特徴のポルチーニを、香味野菜と一緒にソテーしています。

豊かな香りと濃厚なうまみをパイの中に閉じ込めた、アツアツがおいしいひと皿。ほのかに甘いマデラ酒ときのこのクリームソースが絶妙なハーモニーを奏でます。

ベジタリアンかどうかは関係ない! おいしいから選ばれる

ベジタリアンの印象が変わる! 「Lotus&Flower’s One」が作るコクとうまみの菜食料理の5番目の画像

来店するお客さんはほぼ女性で、30代以上の方によく利用されています。ベジタリアンレストランですが、9割以上が非ベジタリン。ベジタリアンだから来店するのではなく、純粋においしい料理を食べるためにこのお店を選んでいるという証拠です。

落ち着いた空間でいただく上品な菜食料理は、デートや記念日、接待など少人数での会食にピッタリ。時間に余裕がある際は、コース料理を堪能してみては?

東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」より歩いて約3分。荻窪方面電車なら1番出口から、池袋方面電車の場合は2番出口が便利です。お店はビルの2階で、青梅街道沿いを新宿方面へ向かうと見えてきます。いい意味で大きく期待を裏切るベジタリアン料理を、ぜひ一度お試しください。

スポット情報

Lotus & flower's One

Lotus & flower's One

東京都杉並区和田3-60-11 倉島ビル 2F

03-6304-9441

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事