おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.06 | 公開 2018.04.06

カフェインレスなティータイム! ドライフルーツとバタフライピーティーで青の食べるお茶

肌寒い日に飲みたくなる温かいハーブティー。身体を温めてくれるだけでなく見た目も華やかな、ドライフルーツ入りの青いバタフライピーティーに癒されましょう。

目が疲れた日に飲みたい青の食べるお茶

カフェインレスなティータイム! ドライフルーツとバタフライピーティーで青の食べるお茶の1番目の画像

今回紹介する華やかな青の食べるお茶は、バタフライピーというハーブティーを使います。バタフライピーに豊富に含まれているアントシアニンは目の疲労感緩和も期待できます。

今回はドライフルーツを入れて、味も見た目も華やかに仕上げましょう。カフェインレスなので夜のリラックスタイムにもおすすめです。

ドライフルーツの選び方も要チェック

カフェインレスなティータイム! ドライフルーツとバタフライピーティーで青の食べるお茶の2番目の画像

まず、熱湯150mlとバタフライピーティーのティーバッグ1杯分、お好みのドライフルーツを大さじ2程度用意します。

バタフライピーティーはできるだけティーバッグのタイプを選ぶと、計量する手間が省けるのでおすすめです。ドライフルーツの選び方も大切なポイント。

今回選んだレーズンやイチジクには不足しがちなカルシウムや鉄分、豊富な食物繊維が含まれていて、クランベリーは抗酸化力が強い果物といわれています。

マンゴーにもビタミンや食物繊維が含まれており、どのドライフルーツも女性に嬉しい栄養素ばかりです。

ドライフルーツの下準備からスタート

カフェインレスなティータイム! ドライフルーツとバタフライピーティーで青の食べるお茶の3番目の画像

栄養素の充実したドライフルーツを選んだら下準備からスタート。ドライフルーツを小さく刻んでいきます。その際、レーズンは刻む必要はありません。

オイルコーティングされている場合は必ず湯通ししてください。湯通しが終わったらそのままティーカップに入れます。

つい先に茶葉を入れてしまいがちですが、ハーブの青色がキレイに出るよう茶葉は最後に入れるのがポイントです。

バタフライピーの美しさを堪能

カフェインレスなティータイム! ドライフルーツとバタフライピーティーで青の食べるお茶の4番目の画像

最後に今回の主役、バタフライピーの茶葉を入れたら、ゆっくりとお湯を注ぎます。軽くひと混ぜしたら、3分蒸らします。少しずつ青色になっていく様子が美しく、目が離せません。

3分経ったら茶葉を抜いて、よく混ぜます。見た目の美しさを堪能したら、温かいうちにバタフライピーのさっぱりとした味わいを楽しむのがおすすめです。ドライフルーツのほどよい甘味がさらに心を落ち着かせてくれます。

見た目も味も美しいバタフライピーの茶葉を使った、青の食べるお茶。シンプルなハーブティーも良いですが、ドライフルーツを入れるというひと手間かけたハーブティーなら、リラックスタイムがより贅沢なひとときとなるのでおすすめです。

今回はレーズンとイチジク、クランベリー、マンゴーの4種類を使いましたが、バタフライピーティーはブルーベリーやカシスなど、ベリー類との相性も良い茶葉です。好みのドライフルーツとブレンドしてあなたらしいアレンジを楽しんでみてください。

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事