おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.21 | 公開 2017.10.21

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」

東京・銀座にある「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」は、美人フードファイター三宅智子さん監修メニューとの岡山郷土料理が味わえるお店です。晴れの国として知られる岡山県玉野市協力のもと、畜産物や農産物、穀物や調味料に至るまで直接仕入れて料理を提供しています。

家に遊びに来たようなアットホームでくつろげる空間

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」の1番目の画像

東京・銀座の「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」では、岡山の郷土料理がいただけます。高級店が多く入りづらいイメージがある銀座の中で、気軽に入りやすい雰囲気が魅力。

店名は、店主の三宅智子さんの名前が由来で、自分の家に遊びに来てね! という思いが込められています。店内は落ち着いた雰囲気ですが、アットホームで居心地がよく、カジュアルに郷土料理が楽しめます。岡山出身者が故郷の味を求めて多く来店しています。

岡山県玉野市いちおしのB級グルメ「たまの温玉めし」

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」の2番目の画像

穴子の蒲焼と温玉の絶妙なハーモニーが味わえる「たまの温玉めし」。岡山県玉野市の「ご当地Sea級グルメ」として、マスコットキャラクターもいるほどのご当地B級グルメです。

穴子蒲焼を使った焼き飯に温玉をトッピング。甘辛い穴子の蒲焼ととろける温玉がご飯に絡むと絶品です。ごまと青ネギがアクセントになり、甘辛い味を引き締め、引き立たせます。

岡山ではトンカツにデミグラスソースを!

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」の3番目の画像

岡山名物のデミカツは、ポークカツレツのサクサク衣とやわらかお肉を頬張ると幸せ気分になれる一品。岡山では、デミグラスソースをかけるのが一般的です。

サクサクに揚がったポークカツレツに、奥深い味わいのデミグラスソースがかかっています。どんぶりにして食べることも多いデミカツは、白いご飯との相性が抜群。千切りのシャキシャキキャベツと一緒にいただくと、さっぱりとして箸が進みます。

岡山郷土料理の代名詞「ままかり」も味わえる

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」の4番目の画像

日本酒にぴったりの岡山郷土料理「ままかり」は、サッパという魚の酢漬けです。サッパは味がさっぱりして笹の葉に似ていてるのが特徴。岡山から直送したサッパを伝統的な酢漬けにしています。

ママ(ご飯)をカリ(借り)にいくほどおいしいことから「ままかり」という名前になったと言われ、酢漬けにすることでさらにさっぱりとして、まろやかな味と磯の風味が味わえます。

フードファイター監修のデカ盛りメニューも魅力的

フードファイター監修の岡山郷土料理「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」の5番目の画像

「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」は、フードファイター三宅智子さん監修で、わらじバーグやコロッケタワーなどのデカ盛りメニューもあり、お腹いっぱいになれるお店。わらじバーグには、言葉を入れるサービスもあります。

岡山の味を求めて訪れる人が多く、ボリュームのあるメニューが人気で男性客が多いのも特徴的。ランチタイムは、13時以降は落ち着いているので、ゆっくりくつろぐことができます。

「OKAYAMA DINNING 銀座みやけ家」は、都営浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩1分、銀座線「銀座駅」からも徒歩4分とアクセスが良いのも魅力のひとつ。岡山の郷土料理やB級グルメが味わえるお店で、岡山に思いを馳せてみませんか?

スポット情報

OKAYAMA DINING 銀座みやけ家

OKAYAMA DINING 銀座みやけ家

東京都中央区銀座4-10-1 銀座AZAビル2F

03-3547-3756

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事