大人のトラベル&カルチャー動画マガジン

グルメ

2016年09月29日更新

TORO TOKYO 飲食編~塩とライムでメキシコ流にテキーラを飲もう~

銀座コリドー街で中南米の料理が楽しめるTORO TOKYO (トロ トーキョー)。テキーラ・マエストロに、メキシコ流テキーラ・ショットの飲み方を伝授してもらいました。

テキーラ? メスカル? どう違う

TORO TOKYO 飲食編~塩とライムでメキシコ流にテキーラを飲もう~の1番目の画像

同店のテキーラ・マエストロ小山内誠さんに、まずメニューにあるテキーラとメスカルという2つのお酒の違いについて聞きました。

「竜舌蘭(アガペ)を原材料とする蒸留酒をメスカルといい、その中でメキシコのハリスコ州を中心に5州のアガペから造られるものをテキーラと言います。熟成の深さによって3種類ずつあって、熟成が深くなるほど色も濃く、値段も高くなりますが、それだけまろやかで深みのある味になりますね」

塩とライムを一緒に飲むのには訳がある

TORO TOKYO 飲食編~塩とライムでメキシコ流にテキーラを飲もう~の2番目の画像

このテキーラやメスカルをショットで飲むときは塩を舐めて、ライムをかじって汁を口に含んでから飲みます。これにはちゃんとした訳があって、塩を舐めることでお酒の甘みをより感じさせ、テキーラの刺激を柔らかくします。ライムは、ビタミンCによって喉を守ります。

1930年にメキシコでインフルエンザが流行った時には、この飲み方が一種の薬替わりで処方箋のようになったのだとか。マルガリータは、テキーラとコアントロ、ライムジュースで作ったカクテルです。そのほかに、サングリータというスパイシーなトマトジューをチェイサーにして飲むテキーラもおいしいそうです。

取材・文/小野アムスデン道子

TORO TOKYO 施設編~銀座で味わうラテンフードとテキーラの最強の組み合わせとは?~

TORO TOKYO 施設編~銀座で味わうラテンフードとテキーラの最強の組み合わせとは?~

グルメ

店舗情報

店名TORO TOKYO(トロ トーキョー)
TEL・予約03-6274-6361
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座6−2先 銀座コリドー街
営業時間

月‐木   
11:30~15:00 17:00~23:30
金・祝前日 
11:30~15:00 17:00~27:00
土  
11:00~27:00
日     
11:00~23:00

URLhttp://torogastrobar.jp

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事