おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.22 | 公開 2017.10.22

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおう

東京・武蔵小山の「鳥勇(とりゆう)本店」は、地元で高い人気を誇る焼き鳥店。昭和元年の創業以来、3代に渡って受け継がれている秘伝のタレと、産地直送の鶏肉が自慢のお店です。店先に漂う良い香りに引き寄せられ、ついつい立ち寄りたくなるこのお店の人気メニューと魅力をご紹介しましょう。

テイクアウトと立ち食いが可能な、焼き鳥の専門店

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおうの1番目の画像

武蔵小山にある老舗の焼き鳥専門店「鳥勇(とりゆう)本店」は、焼き鳥のテイクアウトと立ち食いが楽しめるお店です。商店街の入り口にお店を構えており、いつも店頭にはお客さんが列をなしています。店頭で串を焼いているため、お店の辺りには良い香りが漂っており、ついつい引き寄せられてしまうのでしょう。イスやテーブルは無いものの、店頭にて立ち食いスタイルで焼き鳥を楽しめるのが特徴です。

焼き上げられた串のそばには、タレが並々と入った容器があり、その中に串を1度だけ付けることができます。このタレはお店の創業以来継ぎ足されてきた、門外不出の秘伝のタレです。

鶏肉の小売店からスタートしたこだわりの焼き鳥専門店

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおうの2番目の画像

お店」のコンセプトは、「ホンモノの焼き鳥を、気軽に1本から立ち食い・持ち帰ることができる」とのこと。山梨や岩手から直送されてくる鶏肉を備長炭でじっくりと焼き上げて仕上げています。タレは自家製の秘伝のもの。極上の鶏肉とタレが合わさった焼き鳥は、どれも得も言われぬおいしさです。

お店は昭和元年に創業しましたが、当時は鶏肉の小売店でした。コロッケや唐揚げなどと共に焼き鳥も店頭に並んでいましたが、研究を重ねた結果現在のタレの味に辿り着き、1993年頃から現在のお店のスタイルになっています。

お店を訪れたら味わいたい、柔らかな「ヒナ肉」

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおうの3番目の画像

「ヒナ肉」は、お店を訪れたら味わいたい至高の一本。柔らかい肉質が自慢のヒナ鶏から少量しかとれない希少部位であるセセリ(首肉)の串です。柔らかくジューシーなお肉と濃厚で甘辛いタレが合わさり、食べ応えがある人気商品です。

お店ではビールやウーロン茶を購入することもできるので、仕事帰りや商店街での買い物ついでに気軽に立ち寄り、この「ヒナ肉」で一杯飲みたくなります。

「レバー」と「ミックス」も外せない人気メニュー

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおうの4番目の画像

「レバー」も、お客さんからの指示が熱い一本。栄養価が高く、「特に若い女性におすすめ」と店主が語る商品です。生臭みはなく、ふわっと柔らかな食感が自慢で、レバーが苦手な方からも好評を博しています。

「ミックス」は鶏皮と砂肝、さらにはレバーを1本の串にまとめた「鳥勇 本店」のオリジナルメニューです。お店の創業当時からその味はずっと変わっていません。この串を食べれば、昔の思い出が蘇る人も近所には多く、根強い人気を誇ります。

3世代揃って来店するお客さんがいる、地元のいいお店

3代に渡って受け継がれるタレが味の決め手!武蔵小山 「鳥勇 本店」で絶品焼き鳥を味わおうの5番目の画像

「地元のいい店であり続けたい」と語る店主が目指すお店の姿とは、ついついフラリと立ち寄りたくなるお店であり、買って帰ったら家族が喜んでくれるお店です。常連のお客さんだけでなく、まだお店を訪れたことがない方にも、気軽に訪れてほしいと言います。

おばあちゃんと娘さん、お孫さんの3世代で買い求める姿も見られる、地域の人々に愛されているお店です。

「鳥勇 本店」は東急目黒線の「武蔵小山駅」の前から延びているアーケードの終わりにお店を構えています。あなたも「鳥勇 本店」の焼き鳥で、仕事帰りの一杯をいかがでしょうか。

スポット情報

鳥勇 本店

鳥勇 本店

東京都品川区荏原3-5-11

03-3781-0096

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事