おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.24 | 公開 2017.10.24

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能

のどかな雰囲気の糸島地区で、木曜から日曜日にかけて営業している「もちカフェ 月うさぎ」は、さまざまな餅の魅力を楽しめるカフェです。幅広い世代に愛される「もちカフェ 月うさぎ」の人気メニューをご紹介します。

2匹のうさぎが餅をついて出迎える古民家カフェ

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の1番目の画像

糸島にある「もちカフェ 月うさぎ」は、餅を使ったスイーツや食事が楽しめるカフェ。築60年以上の一軒家をリノベーションして営まれており、塀の上には餅つきをする2匹のうさぎのモチーフが飾られています。外壁に描かれた大きな三日月が目印です。

廊下の突き当たりへ進むと、高い天井が気持ちいいカフェスペースが広がります。広々とした空間にテーブルと椅子がゆったりと配置されており、くつろぎながら食事が楽しめる和の空間です。店内には手作りの小物などを展示販売しているギャラリーも併設しています。

地元の方はもちろん、遠方からもお客さんが足を運ぶ店

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の2番目の画像

古代より、丸い形のものは縁起物とされてきました。丸い形の餅や、まんまるのお月さま、その2つを結びつける「餅つきをする月のうさぎ」が店名の由来です。

木曜日から日曜日まで営業しているお店ですが、近隣の方だけでなく、遠方からドライブがてら足を運ぶお客さんも多くいます。ギャラリーでは糸島の作家さんが作る商品が紹介されており、セミナーやイベントも時折開催されているのが特徴です。

1年中いただけるのが嬉しい! 「博多雑煮セット」

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の3番目の画像

「博多雑煮セット」はお店の看板メニューです。博多の人に親しまれている博多雑煮と、野菜サラダ、黒豆、さらには小鉢が2つも付いてきます。食後には小さなスイーツとコーヒーも楽しめる、大変お得なセットです。

博多雑煮の特徴はトビウオからとったアゴ出汁のおつゆにブリ、カツオ菜が入っていること。さらに人参や里芋、しいたけ、丸餅などが入っておりボリュームも満点です。澄んだおつゆはしみじみと味わい深く、焼いたブリも良い味を出しています。博多のお正月気分を1年中味わえる、素敵なセットです。

「焼き餅セット」や「餅グラタンセット」も

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の4番目の画像

「焼き餅セット」は6個の餅を自分で焼き、さまざまな味わいで楽しめるスイーツメニュー。焼いた餅をきな粉や海苔、大根おろしなどと一緒に食べ、自分好みの食べ方を見つけましょう。

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の5番目の画像

「餅グラタンセット」も、お食事メニューの中で人気が高くおすすめです。マカロニの代わりに餅が使われており、トロリととろけるチーズと、柔らかくのびる餅の相性はバツグン。色合いが綺麗なサラダやバゲット、スープにデザート、コーヒーとこちらも盛りだくさんの内容が自慢です。

「お餅を美味しく食べてほしい」という思いが詰まった店

餅の新たな魅力発見! 福岡・糸島「もちカフェ 月うさぎ」で餅料理とスイーツを堪能の6番目の画像

「お餅を美味しく食べてほしい」という思いでオープンしたお店では、餅を使った創作メニューやスイーツが食べられ、餅の新たな魅力に出会えます。

お店はゆったりとした時間が流れる糸島地区にあり、「もちカフェ 月うさぎ」の周りを散歩するのもおすすめ。古い建造物が残る中、近年新しいお店が続々と出来ており、覗くと新たな発見があるかもしれません。

「もちカフェ 月うさぎ」へは車で行くのが便利です。お店には、10台まで車が停められる駐車場があります。あなたも「もちカフェ 月うさぎ」のほっこりする空間で、お餅の新たな魅力を発見しませんか?

スポット情報

もちカフェ 月うさぎ

もちカフェ 月うさぎ

福岡県糸島市二丈浜窪243-1

092-332-8320

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事