おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.25 | 公開 2017.10.25

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分

東京・代田橋にある「てぃんさぐぬ花」は、本場の沖縄料理が楽しめる隠れ家バル。沖縄産の食材を用いて作られる本場の味を、沖縄民謡や三線の音色を聴きながら楽しめるお店とあって、連日多くのお客さんで賑わいます。今回は「てぃんさぐぬ花」のおすすめメニューをご紹介しましょう。

シーサーが出迎え、沖縄ムード満点の落ち着いた雰囲気

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分の1番目の画像

東京・代田橋にある「沖縄タウン」の一角、沖縄料理専門店の「てぃんさぐぬ花」です。大都市場内にお店があり、お店に入る前から沖縄にいるかのような雰囲気です。

看板の下ではシーサーが訪れるお客さんを出迎え、沖縄のムード満点。1階はテーブルとソファ席のフロアで、2階は古民家風のお座敷席が広がります。友人との飲み会や職場の懇親会など、さまざまなシチュエーションで使いたくなる、落ち着いた雰囲気のお店です。

東京にいながら、沖縄の雰囲気を五感で感じられるお店

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分の2番目の画像

店名の「てぃんさぐぬ花」とは、沖縄本島に伝わる沖縄民謡のタイトルのこと。2011年に創業したお店で、毎週月曜日と水曜日には三線の生演奏を楽しみながら、沖縄料理を味わえるのが特徴です。

店内はアンティークの雑貨や、沖縄の作家が作る装飾品で飾られており、沖縄のムード満点。料理は沖縄の焼き物である、やちむんのお皿で提供され、琉球グラスでドリンクをいただきます。東京にいながら沖縄の雰囲気を五感で感じられるお店です。

野菜が美味しい「お通し」と「ゴーヤチャンプル」

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分の3番目の画像

この店のお通しは、沖縄県産の新鮮な野菜をたっぷりと盛り合わせたもの。沖縄の屋我地島の天然塩と、無添加の首里味噌が別皿に添えられており、それらをつけていただきましょう。しゃきしゃきとみずみずしく、素材の旨みが感じられるお通しは、多くのお客さんを喜ばせます。

王道「ゴーヤチャンプル」も人気が高いメニューです。宮古島の契約農家から直接仕入れたゴーヤがたっぷりと入っており、苦味が少ないのも嬉しいところ。シャキシャキとしたゴーヤの食感や、スパムの旨みが楽しめます。

お出汁にこだわり! 沖縄名産「アグー豚のソーキそば」

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分の4番目の画像

「アグー豚のソーキそば」は〆に人気のメニューです。こだわりの出汁は、あっさりとしながらも旨味がしっかりと感じられます。味付けには、無添加の醬油を使っているのがお店のこだわりポイントです。

肉厚のアグー豚のソーキは、上品な甘さに仕上がっており、箸だけでほろほろとほぐれていく柔らかさ。ゼラチン質も入っており、様々な食感が楽しめます。

沖縄県産食材と、化学調味料無添加の本場の味を堪能!

五感で堪能! 東京・代田橋の隠れ家バル「てぃんさぐぬ花」で沖縄旅行気分の5番目の画像

沖縄産の食材を使い、化学調味料を使わない味付けで本場の味が楽しめる「てぃんさぐぬ花」は、人気のお店のため連日多くのお客さんで賑わっています。しかし、土日の15:00~17:00は比較的空いており、狙い目です。

裏メニュー「カーサームーチ(紅芋もちの月桃の葉蒸し)」も、この店を訪れたらぜひ注文してみてください。

「てぃんさぐぬ花」があるのは、京王線の「代田橋駅」から徒歩6分程の場所です。甲州街道を渡り「沖縄タウン」を進むと大都市場があり、その奥にお店があります。あなたも「てぃんさぐぬ花」で、沖縄の味と雰囲気を五感で感じてみませんか。

スポット情報

てぃんさぐぬ花

てぃんさぐぬ花

東京都杉並区和泉1-3-15 沖縄タウン大都市場内

03-3321-2139

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事