おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2016.10.06 | 公開 2016.10.06

クラフトビールの聖地・両国で70種の樽生を提供する「麦酒倶楽部 ポパイ」

両国駅西口から歩いて3分。平日の早い時間からも予約客で賑わうビアパブ「麦酒倶楽部POPEYE」。

日本の地ビール史と歩み、70種類以上の樽生を常時提供

クラフトビールの聖地・両国で70種の樽生を提供する「麦酒倶楽部 ポパイ」の1番目の画像

1985年に洋風居酒屋としてオープンした「麦酒倶楽部ポパイ」は、日本の地ビールの発達史とともに歩んできたヒストリカルにして最前線を行くお店。クラフトビール界でも一目置かれるお店のひとつとして知られています。

タップ数3本からスタートし、全国の地ビールが力をつけていくのを追うように、研究に研究を重ね、タップ、ハンドポンプ、セラー(冷蔵室)を増設。またカスク(酒樽)専用セラーを設置してグラビティーTAPで提供する日本随一のサービングも開始しました。

クラフトビールの聖地・両国で70種の樽生を提供する「麦酒倶楽部 ポパイ」の2番目の画像

現在タップは100本で、世界でも稀な70種類以上の樽生を常時提供できる設備環境をもつに至り、イギリスから訪れたビール評論家にも偉大なる日本のビアパブと英国紙に紹介されています。

最適な泡で、最高のクラフトビール

クラフトビールの聖地・両国で70種の樽生を提供する「麦酒倶楽部 ポパイ」の3番目の画像

驚くべきは、これらすべての樽生を徹底して衛生管理できる設備と姿勢です。「クラフトビールは生きもの」ゆえに、熟練のセラーマンが、醸造所ごとに製法の異なるビールそれぞれの個性を理解したうえで、その魅力を最大限に引き立てるために冷蔵庫直結のサーバー設備を個別に最適ガス圧でサービングできるレギュレーターで調節し、クリーンな環境の徹底によってほぼ完全にコントロールしています。

サービング時には、ラガーやエール、ご当地名産物を使ったレシピやアルコール度数の違いなどによってさまざまな味わいをもつビールに対して最適の泡に調整し、1杯のグラスを完成させて、最高の一口を提供してくれます。

取材・文/武位教子

ビールとの相性◎! 元ホテルコックが作る「麦酒倶楽部 ポパイ」のお料理

ビールとの相性◎! 元ホテルコックが作る「麦酒倶楽部 ポパイ」のお料理

東京都 > 両国 / グルメ

スポット情報

麦酒倶楽部ポパイ

麦酒倶楽部ポパイ

東京都墨田区両国2-18-7

03-3633-2120

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事