おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.05.25 | 公開 2018.05.25

提供元:ことりっぷ

都内から1時間!絵本の中に迷いこんだようなツリーハウスカフェ「椿森コムナ」

都内からJR総武本線で1時間弱、千葉公園の目の前にある森カフェが話題です。巨大な木に作られたツリーハウス、ハンモック、梅雨の時期に登場する虹色のカラフルな傘。 この森に入った瞬間、絵本の世界に迷い込んだよいうな世界が広がります。思い思いの場所で、お茶やランチを楽しみながらのんびり時間を過ごしませんか?

住宅街に残された小さな森

JR千葉駅から徒歩9分。住宅街を歩いていると、千葉公園の目の前に突如現れる小さな森が「椿森コムナ」です。2本の巨木に建てられたツリーハウスがシンボル、誰でもおさんぽ途中に立ち寄ってハンモックやベンチなどでくつろぐことができます。

コムナとは人工エスペラント語で「common(共有)」という意味

秘密の隠れ家のようなツリーハウス

敷地内に入ると、まず目に飛び込んでくるのは大木を利用したツリーハウス2棟。秘密の隠れ家を見つけたみたいで、大人になった今でもワクワクしますよね。

2つの大木は、元々この土地にあったイチョウと樫の木をそのまま使用しているのだとか。

ツリーハウスには、はしごを使って登り、中に入ることができます。部屋の中にまで木が伸びている様子は圧巻。木の上からの眺めや、自然と一体になった感覚を楽しんでくださいね。

絵本の世界が広がる非日常空間

椿森コムナで楽しめるのは、ツリーハウスだけではありません。日替わりで出店しているキッチンカーやフードスタンドで食事を楽しんだり、ハンモックでくつろいだり、ウッドデッキに座ってコーヒーを飲んだりと非日常的なくつろぎ時間を過ごすことができますよ。

また、気軽にグランピング体験ができる「SPACOテント」もおすすめ。少人数でのお茶会や大人数でのパーティーにもぴったりな空間です。※要予約

開放的な気分でいただく食事はいかが?

常設キッチンカー「bambi(バンビ)」は金色の「エアストリーム」が目印。

オーガニックコーヒーを始めとしたヘルシードリンクや、ホットドック、フレンチフライ、サラダなど、豊富なメニューが揃っています。

驚きの高さを誇る「BAMBIバーガー」は、肉厚でジューシーなパテが絶品。サラダ感覚でいただける「シーザーサラダパンケーキ」も人気で、どれもキッチンカーで作ったとは思えない程、本格的な味が楽しめます。

※エアストリームは通常、銀色となります

右上:「BAMBIバーガーセット」(1130円)、左下:「シーザーサラダパンケーキ」(880円)、「ジンジャーエールフロート」(390円)

虹色の傘が森に咲き誇る!「傘の森」がスタート

季節ごとにさまざまなイベントを行っている同施設で一番の人気を誇るのが6~7月に開催される「傘の森」。梅雨の時期を楽しく過ごすために企画された同イベントは、虹色の傘が作り出すカラフルな森が話題となり、毎年遠方から訪れる人もいるのだとか。

開催期間中は、傘の森が「雨⇒晴⇒虹」のイメージカラーに変化。Rainy期間(6月2日~6月15日)は寒色系、Sunny期間(6月16日~6月29日)は暖色系、Rainbow期間(6月30日~7月31日)は虹色の傘で「傘の森」をつくり出します。傘の本数が「200本⇒200本⇒400本」とパワーアップしていく様子も楽しみですね。

清々しいモーニングもおすすめ

「椿森コムナ」は、朝7時から営業しており地域住民の方を中心に憩いの場として使用されています。週末は季節に合わせたワークショップを開催しているので、訪れる際はホームページをチェックして、イベントにも参加してみてくださいね。

提供元:ことりっぷ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事