おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年10月30日更新

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」

新宿にある「フランス料理店 クレッソニエール」は、肩肘張らずに本場フランスの郷土料理や家庭料理が楽しめるフレンチ。名店で経験を積んだ実力派のシェフが作る料理はどれも絶品!その確かな味を求めて、お店にはいつも多くの人が訪れています。

どこか懐かしい雰囲気のアットホームな店内

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」の1番目の画像

新宿のアクセス便利な場所にある「フランス料理店 クレッソニエール」は、入口のアンティーク調のランプが目印。店内にはピンクのテーブルクロスを敷いた机や赤いイスが配置され、どこか家庭的な雰囲気です。

シェフを務めるのは、このお店の姉妹店でもある、渋谷で評判のフレンチ店「コンコンブル」で、副料理長として経験を積んできた実力派。そのシェフが作り出す料理は、本場さながらの本格的な味で、お店に訪れる多くのお客さんを魅了しています。

お店のオープン当初からのスペシャリテメニュー

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」の2番目の画像

「仔羊モモ肉のパイ包み焼き 赤ワインソース」は、「シェフおすすめコース料理」(税抜3,800円)のメインディッシュ。古典料理のペルシヤードを参考にしたメニューで、仔羊のモモ肉をスライスしたものを、パセリやパン粉でマリネしています。

サクサクとしたパン粉の食感と香ばしいガーリックの香りが特徴で、酸味のあるソースが旨味と香りを封じ込めて凝縮。オープン当初からお店の顔として人気の逸品です。

フレンチビストロの定番「オニオングラタンスープ」

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」の3番目の画像

フレンチビストロの定番料理といえば「オニオングラタンスープ」(大:税抜1,200円、小:税抜900円)。タマネギの持つ甘みと上質なチーズのコクのある濃厚な味わいが絶妙です。

また、キャラメル色にこんがりと焼けたチーズがお皿にとろけているビジュアルも、食欲をそそります。手間ひまかけて作られた、シェフのこだわりを感じることができる逸品です。

アラカルト一番人気のローストビーフ

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」の4番目の画像

アラカルト料理で一番人気の「フランス風ローストビーフ ローズマリーの香り」(税抜1,900円)は、国産牛を200g使用した贅沢な逸品です。レアで仕上げたフランス風のローストビーフを、アツアツの焼きたてで提供。

絶妙なその焼き加減は、お肉の旨味と柔らかさを最大限に引き出しています。ローズマリーとガーリックを入れたソースが、さらにおいしさを引き立て、また訪れたいという気持ちにさせてくれるでしょう。

絶品フレンチ料理とワインが上質なひとときを演出

ワインを片手に昔懐かしフレンチを味わう。新宿三丁目駅すぐの「フランス料理店 クレッソニエール」の5番目の画像

パリのビストロを思わせるような落ち着いた店内で、本場フランスの郷土料理や家庭料理を肩肘張らずに楽しめる「フランス料理店 クレッソニエール」。名店で腕を磨いたシェフが作る料理は、どれも繊細で多くの人が足を運ぶのも納得の味です。

またシェフはワインソムリエも取得しており、絶品料理とともにワインのマリアージュを楽しむことができるのも魅力の一つ。ワイン片手に大切な人たちと語らい、上質なひとときを過ごすことができるでしょう。

東京メトロ各線「新宿三丁目駅」を下車後、B2もしくはC2出口を出て徒歩1分。「京王フレンテ新宿三丁目」ビルの地下1階にお店はあります。肩肘張らずに楽しめるフレンチ料理を、ワインとともに堪能してみませんか?

スポット情報

フランス料理店 クレッソニエール

フランス料理店 クレッソニエール

東京都新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿三丁目 B1F

03-3350-4053

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング