おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.31 | 公開 2017.10.31

癒しの空間! カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息

東京・目黒川沿いにある「はなるか」は、煎茶とお茶漬けが自慢の和カフェです。お茶の心地よい香ばしさとやわらかな味わいは、訪れた人たちの心と体をやさしく解きほぐしてくれます。癒しのひとときを与えてくれるお店の魅力について、もっと詳しく探っていきましょう!

洋風のおしゃれな雰囲気が魅力の和カフェ

癒しの空間!  カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息の1番目の画像

煎茶とお茶漬けを提供する和カフェ「はなるか」は、東京・目黒の街中に溶け込むようにたたずんでいます。おしゃれな店名ロゴが印象的な扉をくぐると、そこに広がるのはお茶という概念を覆すような洋風の洗練された空間です。

席数12席というこぢんまりとした広さが落ち着く店内は、テーブル席とカウンター席を用意。一人でも立ち寄りやすいのも魅力です。

和洋が融合したひとときを過ごせるのが魅力

癒しの空間!  カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息の2番目の画像

昔ながらの急須で淹れる日本茶のうまみや良さを、普段はなじみのない人たちに知ってもらいたいという想いから、このお店がオープンしました。

お店で提供している日本茶は、無添加で体にもいいものを厳選して使用。お茶漬けはほっこりとしたどこか懐かしい味を楽しむことができます。

おしゃれな空間で和と洋が融合したひとときを過ごせるのは、このお店ならではの魅力です。

こだわりの無添加ダシがカラダにやさしい「鯛茶漬け」

癒しの空間!  カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息の3番目の画像

「鯛茶漬け」(1,000円)は、愛媛や高知で捕れた天然真鯛を使っています。刺身でも食べられるほどの新鮮な真鯛は、お茶漬けにするのはもったいないぐらいですが、食べてみるとその至福の味わいに誰もが納得するはずです。

長崎産のあごダシや五島の塩、自家製のごまだれもおいしさの秘密。さっぱりとした風味の中にもごまの香ばしさが合わさり、絶妙なハーモニーを生み出します。

プラス300円で、市場で仕入れた新鮮野菜を使った副菜も一緒にサーブされます。

日本茶アドバイザーが淹れる「有機栽培 抹茶入り煎茶」

癒しの空間!  カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息の4番目の画像

日本茶アドバイザーの師範免許を持った店主の奥さんが淹れる「有機栽培 抹茶入り煎茶」(500円)は、茶葉の持つ香りやうまみ、苦みを最大限に引き出した淹れ方で提供しています。

調和のとれたバランスの良さは、こだわりの茶葉とプロの淹れ方でなければ再現できない味わいです。お茶菓子がついてくるのもうれしいところでしょう。

こだわり抜いた茶葉や食材が上質な味わいを演出

癒しの空間!  カジュアルな和カフェ、目黒「はなるか」の日本茶でほっと一息の5番目の画像

落ち着いた店内で、日本茶やお茶漬けを楽しめる「はなるか」。身近なメニューでありながらも何度もこのお店に足を運びたくなるのは、こだわり抜いた茶葉や食材が、ほかでは味わえない上質な味を演出しているからです。

急須でお茶を淹れて飲む機会が少なくなってしまった今、ゆっくりていねいに淹れたお茶を飲んでひと息つくのは新鮮な時間です。お店には他のカフェメニューもあるので、子ども連れでの来店もおすすめです。

各線「目黒駅」から徒歩8分。目黒通りを目黒川に向かって下っていきます。かつては家庭の食卓に日々上っていたお急須の日本茶。今ではちょっぴり非日常のリラックスタイムを彩るトクベツ感あるものになりました。「はなるか」でのティータイムを機に、日本茶を日常の生活空間に取り入れてみませんか?

スポット情報

はなるか

はなるか

東京都目黒区目黒1-24-7 サンライズ目黒101

090-9013-3057

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事