おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.02 | 公開 2017.11.02

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニュー

東京・吉祥寺の「クゥーチャイ」は「タイ料理は香りを食す」をコンセプトにしたお店です。タイ本場の味を日本人にも食べやすく、リーズナブルに提供しています。現地定番メニューからオリジナルメニューまで、様々なタイの香りを満喫してみませんか。

タイ人の家庭に来たような、エスニックな雰囲気も楽しんで

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニューの1番目の画像

吉祥寺のビル2階にある「クゥーチャイ」は、現地滞在経験のある店主が営むタイ料理屋さん。お店に向かう階段にまで、エスニックな香りが溢れています。

こぢんまりとしたアットホームなお店で、ドアを開ければ、ココナッツの殻の鉢植えや、木彫りの人形がタイ式のあいさつで迎えてくれます。店内にはタイの国旗やオブジェ、写真などが飾られており、タイ人の家庭に遊びに来たような雰囲気が魅力的です。

細部にまでこだわり、タイのもち米を入れる筒状になった竹製の籠や、タイ模様の入ったアルミ製のカップなども揃っています。

本場の味を知っているからこそ、作り出せるその味

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニューの2番目の画像

タイ語で「相棒」を意味する「クゥーチャイ」。このお店がお客さんの相棒になったら、このお店の食事で相棒ができたら嬉しい、との店主の想いが込められています。

食べ方をレクチャーしてくれる心遣いも、こちらのお店の魅力のひとつ。手でちぎって丸めてから、カレーに浸して食べるもち米も、楽しい会話のきっかけになるかもしれません。

裏メニューはTwitterとFacebookで公開中。地元で愛される、いつもお客さんでいっぱいの人気のお店です。

クゥーチャイでいいただく高級豚「芳寿豚」

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニューの3番目の画像

お皿の上で炙った豚肉にたっぷりのニンニクとタイの唐辛子、パクチー、特製のタレをかけていただく「芳寿豚 ムーマナオ」。「マナオ」とはタイのライムのことで、ライムを使ったタレはさっぱりとした味わいです。

ジューシーで柔らかい「芳寿豚」の旨味があふれる一皿は、店主が胸を張っておすすめするお店の看板メニューになっています。マナオを使った、タイ料理ならではの香り高い味わいを堪能してください。

タイでもおなじみ、「カオマンガイ」を吉祥寺で

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニューの4番目の画像

鶏にこだわった定番の「カオマンガイ」は、柔らかく蒸した鶏の胸肉と、生姜で炒めたタイのジャスミンライスと一緒にいただきます。鶏の旨味が凝縮された一皿は、リピーター続出の味です。

しっとり香るタイ米とふっくらジューシーな鶏肉に、生姜ベースのタレをかけながら味わうのがおすすめ。添えられた山盛りのパクチーも一緒に、香りをプラスしながら楽しみましょう。

香りがご馳走! お店でタイの香りを味わってほしい

本場タイの香りに包まれて。吉祥寺「クゥーチャイ」の現地屋台定番メニューの5番目の画像

日本人を「おいしい!」と唸らせるタイ屋台定番メニューたち。素材にもこだわり、選び抜かれた肉や野菜、様々なタイハーブやカレーペーストを使います。

店主が現地にいた時にタイ料理の香りが苦手で食べられなかった経験が、今の「クゥーチャイ」の味の決め手になっています。店主が信念として貫く、「人」に「良」い「事」こそが食事、という考えが、日本人でも食べやすい味に反映されているのです。

JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」公園口から徒歩2分にある、ビルの2階に位置します。本物を知っている店主が作り出す絶品タイ料理。いつもとは一味違ったランチやディナーを、エスニックな香りと共に堪能しませんか。

スポット情報

Khuchai

Khuchai

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-7 君山ビル2F

0422-26-5697

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事