おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.02 | 公開 2017.11.02

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメン

東京・不動前エリアにある「きりきり舞」は、人気のラーメン屋。有名店の「らぁめん葉月」の店主に認められ独立したお店です。絶品のスープ、食べごたえのある麺やボリュームたっぷりの具材が自慢の、豊かな味わいのラーメンに出会える「きりきり舞」の魅力をご紹介します。

日差しの差し込む明るい店内

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメンの1番目の画像

「きりきり舞」は、東京・不動前エリアにある人気のラーメン屋。黒い看板の「葉月直系」の文字が目に飛び込んできます。「一生懸命営業中」と書かれた木札も目印です。

黒を基調とした外観と変わって、店内はベージュカラーを基調とした落ち着いた雰囲気。厨房を囲むように設けられた木のカウンターテーブルは、全8席。席に座ると背面から陽の光が差し込み、明るい店内です。

らぁめん葉月で修業し、唯一独立を認められたお店

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメンの2番目の画像

店主の趣味は「ラーメンの食べ歩き」。さまざまなお店を食べ歩く中で、東京・雪が谷大塚にある人気店「らぁめん葉月」に出会いました。足しげく通ううちに店主と仲良くなったことから、葉月で働くことになったそう。

葉月でスープ作りや製麺などのいろはを叩き込まれ、ついには葉月の店主から独立を許された唯一のお店を、不動前にオープンしました。

「おいしいラーメンをお腹いっぱい食べてもらおう」をコンセプトに掲げる通り「きりきり舞」で提供されるラーメンは、麺の量もトッピングもモリモリ! 心もお腹も満たされる1杯がこの店にはあります。

食べごたえ抜群! 看板メニューはパンチあるスープが自慢

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメンの3番目の画像

「らぁめん黒」はこちらの店の看板メニューである、濃口の醬油ラーメン。スープには煮干し、節系(かつおぶしやさばぶしなど)、丸鶏、野菜、チャーシューの煮汁などが用いられており、パンチが効いた味わいです。

麺は太麺の多加水麺。その量は300gと、一般的なラーメン店の大盛りに匹敵する量です。麺の上には、極太のメンマ、水菜、ねぎ、やわらかなチャーシュー、味付け玉子と海苔がトッピングされており、食べごたえは抜群。

しかし、その美味しさに女性でもぺろりと一杯食べてしまいます。煮干しを使ったニンニクの焦がし油「焼き干しマー油」も、食欲を刺激します。

白醬油系にベジポタ系、味わい多彩なラーメン

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメンの4番目の画像

白醬油ラーメンの「らぁめん白」も、人気が高い一杯。煮干しの風味が活きるまろやかなスープで、具にはチャーシューやネギの他に、生姜のみじん切りが入っているのが特徴です。生姜をスープに浸していただけば、さっぱりとした味わいが楽しめます。

「海老油濃厚ラーメン」は、ベジポタ系スープのラーメンです。野菜のやさしい味わいに香りの強い海老油が加わることで、豊かな味わいと深みが出ています。極太麺に絡む海老油が立派な存在感を放つ、絶品ラーメンです。

週替わりの限定ラーメンも見逃せない! SNSは要チェック

有名店唯一のお墨付き! 不動前「きりきり舞」の海老油香るラーメンの5番目の画像

「誰もがおいしく食べられる」というラーメンの魅力を最大限引き出し、幅広いお客さんに受け入れられるラーメンを目指している「きりきり舞」。「基本を大切にしながら、既存のメニューとは別の味にも挑戦していきたい」と店主は語っており、期待が高まります。

週替わりの限定ラーメンが木・金曜日に登場することが多く、お店のSNSアカウントやアプリ等で最新情報を更新しています。事前にチェックしてからお店に行くことをおすすめします。

「きりきり舞」は、東急目黒線「不動前駅」から徒歩6分ほどの場所にあります。駅を出たら、区立第四日野小学校の校舎添いの通りを進み、四つ角の交差点を左折するとすぐお店が見えるでしょう。店主ご自慢のスープと、食べごたえのある麺を味わってみませんか。

スポット情報

きりきり舞

きりきり舞

東京都品川区小山台1-33-11

070-6408-5758

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事