おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2018.11.10 | 公開 2018.11.10

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテル

大阪にある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」目の前。「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」は、アメリカン・タイムトラベルをコンセプトにしたオフィシャルホテル。眼下には感動と興奮の世界が広がります。

パーク目の前の贅沢なロケーション

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの1番目の画像

「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」は、大阪の大人気テーマパークである「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」に、最も近いオフィシャルホテル。パークのメインゲートすぐ目の前という抜群のロケーションと、世界感そのままのアメリカンエンターテインメントに満ちあふれた空間が魅力です。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの2番目の画像

JR「ユニバーサルシティ駅」から徒歩1分、台数限定の駐車場もあるため、遠方から旅行で訪れるゲストはもちろん、感動と興奮をパークの外でも味わいたい大阪在住のゲストにもぜひおすすめしたいホテルです。

こんなホテル見たことない!? 魅力あふれる世界感

時空を超えてアメリカを旅しよう

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの3番目の画像

「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」のコンセプトは“時空を超えたアメリカ旅行”。エントランスから一歩足を踏み入れると、そこにはN.Y.をイメージしたロビーに、大きな懐中時計のオブジェが。

遊び心あふれる演出はまだ続きます。客室まで向かうエレベーターは、なんとタイムマシンに。古き良き時代のアメリカから、20X0年の近未来世界まで、タイムトラベルをしながら、お部屋へと向かいましょう。

会えたらラッキー「タイムトラベル・コンシェルジュ」

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの4番目の画像

燕尾服にシルクハットを身にまとい、首からかけた大きなゴールドメダルが特徴的な「タイムトラベル・コンシェルジュ」。その正体は、なんと小学生以下のキッズ専用のコンシェルジュサービスでした。

どこからともなく、ふらっと現れる「タイムトラベル・コンシェルジュ」。スタンプを集めてオリジナルのノベルティグッズをもらったり、クイズや写真撮影などのユニークなパフォーマンスで一緒に遊んだりと、まさに出会えたらラッキーなホテルのキーパーソンです。

落ち着いた大人の空間「ラグジュアリーフロア」

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの5番目の画像

ザ・パーク・フロントルーム

「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」上層階にあたる26F~28Fは「ラグジュアリーフロア」という、大人に嬉しいゴージャスな造りとなっています。

アメリカンクラシックをベースに、モダンにアレンジされた空間には、最高クラスのゲストルームが。どこか落ち着いた雰囲気の、贅沢なステイを約束してくれるフロアです。

オフィシャルホテルならではの特典も

「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」では、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」のオフィシャルホテルならではの特典が。

そのひとつが、ホテル内でスタジオ・パスが購入できること。チケットの引き換えをせずにそのままゲートに向かえるので、スムーズに入場することができます。またパークからすぐの距離にあるので、時間を無駄にせず、朝から夜まで遊び尽くせるのも嬉しいポイントです。

時空を超えたアメリカンな客室をご紹介

パークを見下ろす超絶景「パークビュールーム」

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの6番目の画像

8F~25Fまで、フロアごとにボストンやカリフォルニアなどのアメリカの都市をイメージして作られた「スーペリアフロア」。その中でも23F~25F部分にある「パークビュールーム」は、お風呂に入りながらパークを見渡せるビューバスが付いた贅沢なお部屋です。

広さ約45平米と開放感あふれる空間は、ニューヨークのポップアートをイメージした明るい雰囲気。ミニチュアサイズの感動と興奮の世界が眼下に広がるビューバスは、パーク目の前にある「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」だからこそ楽しめる景色です。

ラグジュアリーなステイを「シティービュールーム」で

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの7番目の画像

上層階にある「シティービュールーム」は、クラシックなブラウンで統一された、居心地のよい空間。リビングスペースにある大きな窓からは、シティサイド、六甲サイド、そしてリバーサイドのいずれかの景色が気持ちよく広がります。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの8番目の画像

さらに「シティービュールーム」を含めた「ラグジュアリーフロア」の特典として、専用のデスクでゆったりとチェックインすることができるほか、「ローラアシュレイ」のバスアメニティやエスプレッソマシーンをお部屋で利用できるなど、ワンランク上の特別サービスが用意されています。

2段ベッドでワイワイ楽しい「デラックスルーム」

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの9番目の画像

「スーペリアフロア」にある、マイアミをイメージしたピンクのカラーが可愛い「デラックスルーム」は、2段ベッドが2つ並んだ造りのユニークなお部屋。広さはゆったりと約43平米で、グループや家族とお部屋を分けることなく、最大5名まで一緒にステイできます。

少し珍しい2段ベッドのラブリーな空間は、大人にも子どもにも大人気。女子旅にもおすすめです。パークの興奮をそのままに、いつまでもおしゃべりを続けたくなるような、楽しいゲストルームです。

ハワイ料理も味わえるブッフェダイニング

朝食ブッフェでエネルギーチャージ

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの10番目の画像

「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」3Fにあるブッフェダイニング「アーカラ」は、ハワイアンな空気が流れる店内に、バラエティ豊かなメニューが並ぶオールデイレストラン。

こちらの朝食ブッフェは、楽天トラベルの「朝ごはんフェスティバル」で大阪府1位に輝いたこともある実力派。一押しメニューの「マヒナサンド」は、半熟たまごに特製“BBQマヨネーズソース”の組み合わせが絶妙のミニバーガーです。明るく開放感あふれる空間で、美味しく楽しいモーニングタイムを。

ランチブッフェも大充実

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの11番目の画像

ブッフェダイニング「アーカラ」のランチブッフェでは、約50品の多彩なメニューがゲストを楽しませています。食欲をそそる美味しい香りが漂うオープンキッチンでは、チーズをたっぷりと絡めたパスタをサービング。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの12番目の画像

デザートコーナーでは、日本初上陸となる2つの味が楽しめるダイナミックなチョコレートファウンテンのほか、可愛い見た目のカラフルなスイーツも。大人も子どもも喜ぶメニューが沢山の大満足ランチです。

ディナー限定のブッフェメニューも多数

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの13番目の画像

ディナーブッフェでは遊び疲れた身体に嬉しい、ゴージャスでボリューム満点のメニューが揃っています。シェフが目の前で切り分けてくれるローストビーフは、とってもジューシー。お口の中で肉の旨みがじゅわりと広がります。

和食・洋食はもちろんのこと、自慢のハワイアン料理や、キッズメニューも充実しており、カジュアルな雰囲気の中で美味しい時間を過ごせそうです。

本場のエンターテインメントを肌で感じるホテル

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」を見下ろす時空旅行型ホテルの14番目の画像

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」目の前にあるオフィシャルホテル「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」。徹底して創りこまれたエンターテインメントの世界は、まるでひとつのアトラクションのよう。大人も子どもも夢中になって楽しめる空間が、そこにありました。

パークの外に出ても続く夢のような時間。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™」に遊びにいく際には、ぜひとも利用したい魅力あふれるテーマパークホテルです。

TM & © Universal Studios. All rights reserved.
SH18-0102

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事