おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.04 | 公開 2017.11.04

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能

東京・東伏見にある人気のパン屋「PAN STAGE My 東伏見店(パンステージ・マイ)」。「森のパン屋さん」をイメージしたかわいらしい店内には毎日豊富な種類のパンが並び、営業時間中にも続々と焼きたてのパンが追加されていきます。お店の魅力をご紹介しましょう。

「森のパン屋さん」をイメージしたかわいい装飾の店

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能の1番目の画像

「PAN STAGE My 東伏見店(パンステージ・マイ)」は、東京・東伏見にある人気のパン屋さん。マンションの1F部分にお店はあります。

赤を基調とした看板が印象的なお店の外にはテーブルとイスが置かれており、天気が良い日には購入したパンを食べることができます。

店内に入ると、そこはおとぎの国のよう! 「森のパン屋さん」をイメージしたさまざまな装飾で、かわいらしい雰囲気が演出されています。店内のディスプレイは年4回変更され、季節感が感じられる工夫も。

子どもが楽しめる空間作り

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能の2番目の画像

お店は他に東久留米市にも構えており、そちらは1994年に創業。東伏見店は2002年にオープンしました。

「店はステージ」と考えており、働いているスタッフ、パンの全てが商品と位置づけています。店名の「My」は創業者夫妻の頭文字からきています。

店内は子どもが楽しめる空間になっており、パンは子どもの目線の高さに陳列されています。パンが並ぶ棚の下にもディスプレイが施されているのが特徴。これはパン業界初のもので、お店独自の工夫です。

上品な甘さ! 幅広い世代に人気の「東伏見あんぱん」

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能の3番目の画像

「東伏見あんぱん」はお店の看板メニューのひとつ。北海道産のこだわりの小豆を使用して炊き上げるあんこは、やさしい甘みに仕上がっています。

そのあんこをたっぷり包み、オリジナルの配合で作り上げるあんぱんは絶品です。小さなお子さんからお年を召した方まで世代を問わず、多くのお客さんに親しまれています。

「黄金メロンパン」と「塩パン」は食感と風味が最高

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能の4番目の画像

「黄金メロンパン」も人気が高い商品。風味豊かなサクサクのビスケット生地と、ふんわりもちもち食感のパン生地のコントラストが最高です。

その秘密は、バターの代わりに焦がしバターを使っていること。黄金色に輝く、自慢のメロンパンです。

「塩パン」もお店が太鼓判を押す人気メニュー。ソフトフランスの生地に北海道バターを巻き、パンの上にドイツアルプスの岩塩・アルペンザルツをふりかけて焼き上げています。

生地には石臼挽きの全粒粉を加え、風味が豊かで歯切れの良いパンになりました。外側のカリカリ感と、内側のもちもち感が魅力です。

コーヒー無料提供も! 地域のコミュニティーを目指すお店

わくわくが止まらない! 東京・東伏見「PAN STAGE My 東伏見店」でこだわりのパンを堪能の5番目の画像

出勤前の軽食や家族の食事、お土産を購入するお客さんで連日にぎわっています。

パンを購入した人には、無料でコーヒーをサービスしてくれるのもうれしいもの。外のテラス席で熱々のコーヒーと焼きたてのパンをいただけば、おいしくて幸せなひと時が過ごせます。

「お客様一人ひとりに寄り添い、地域のコミュニティーになることを目指しています。また、自分たち自身がおいしいと思うパンを提供していきます」と、アツイ想いを持つお店。ここに来れば、カレーパンやあんぱん、クリームパンにサンドイッチなど、数々のおいしいパンに出会えます。

「PAN STAGE My 東伏見店」は、西武新宿線「東伏見駅」から徒歩5分ほどの場所にあります。北口を出たら正面の大通りを「東伏見団地東交差点」目指して直進しましょう。ほどなくすると、お店が見えてきます。お店自慢のパンをコーヒーとともに味わってみませんか。

スポット情報

PAN STAGE my 東伏見店

PAN STAGE my 東伏見店

東京都西東京市富士町3-4-12

042-450-5031

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事