おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.31 | 公開 2017.10.31

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能

「カレーの準泰(じゅんや)」は北海道・札幌のカレー専門店。こちらのお店ではスープカレーとルーカレー、どちらもいただけます。特にルーカレーは3日間かけて具が溶けこむまで煮込んでおり、大人気です。豚骨ベースのルーカレーと、鶏ベースのスープカレー、あなたはどちらがお好きですか?

エキゾチック! 1Fは美容室、2Fがカレーの準泰

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能の1番目の画像

北海道・札幌にある「カレーの準泰(じゅんや)」はルーカレーとスープカレー、どちらもいただけるカレー専門店です。住宅街の中に建つ、アパートのような建物の2Fで営業しています。なんと、1Fは美容室。入口のドアから入って階段を登って2Fへ進みましょう。

2Fには大小のテーブル席が配置されています。大きな布で空間が区切られており、オリエンタルなムード満点。木の床やテーブルやイスに囲まれて、温もりを感じられる空間です。

3日間煮込んで仕上げたルーカレーが看板メニューの店

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能の2番目の画像

「カレーの準泰」の札幌らしさが感じられるスープカレーとこだわりのルーカレーの2種類が楽しめます。元々ラーメン屋さんが裏メニューとして販売し、好評を博していたカレーのレシピを使って営まれているお店です。

ルーカレーは、玉ねぎをたっぷりと使い優しい甘さが自慢です。ここに豚骨スープを加えた後、3日間かけて煮込んでいます。お肉も玉ねぎも溶けこんだルーはさらさらの舌触りです。一方スープカレーは鶏がベースになっています。どちらも完成までに手間暇がかかっており、食べれば唸らずにはいられないおいしさです。

金運アップできちゃうかも!? 「風水カレー」

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能の3番目の画像

「風水カレー」はお店イチオシのメニューです。チキンカツカレーとオムライスが一度に味わえてしまう、なんとも欲張りな逸品。卵と鶏肉、そしてカレーはどれも金運アップアイテム。その3つを一皿に、おいしくまとめてしまいました。

チキンカツのお肉は柔らかく、サクサクの衣にカレーのルーが浸ることで、そのおいしさが何倍にもパワーアップ。オムライスの卵はトロトロの食感に仕上がっており、カレーのスパイシーさをマイルドにしてくれます。お皿の上にルーの海ができるほど、たっぷりのルーはコクがあり、チキンカツともオムライスとも相性抜群です。

「ドリア風 焼きカレー」と「生タマゴカレー」も人気

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能の4番目の画像

「ドリア風 焼きカレー」は、幅広い世代から支持を集める人気メニュー。カレーの上にたっぷりとチーズを乗せ、オーブンで焼き上げて仕上げています。ただでさえおいしいカレーに、チーズのコクとまろやかさが加わり、絶品です。

「生タマゴカレー」も、お店が太鼓判を押す一皿。カレーのルーをご飯に絡め、お皿に乗せ、生タマゴを割り入れたら完成です。生タマゴを豪快にくずし、大きく混ぜて頬張れば、カレーの新たな魅力に出会えることでしょう。タマゴが辛さをマイルドにしてくれるため、普段より辛さを1段階上げるのがおすすめです。

毎月18日は準泰Day! カレーを食べにお店に行こう!

スープカレーとルーカレー。どちらが好み? 札幌「カレーの準泰」のこだわりを堪能の5番目の画像

「カレーの準泰」には他のお店とはひと味違う絶品のルーを求めて、多くのお客さんが訪れます。一部の商品において、ルーカレーのお持ち帰りができるため、店内が混みあっている際には活用したいものです。

また毎月18日は「準泰Day」。カレーが通常500円のところ、300円になる大変お得な日です。ただし、18日が日曜日の場合には実施されないためご注意ください。

「カレーの準泰」へは車で行くのがおすすめ。お店には5台~7台もの車が停められるスペースがあります。あなたも「カレーの準泰」で、美味しいカレーを味わってみませんか。

スポット情報

カレーの準泰

カレーの準泰

北海道札幌市北区屯田7条10-5-20 2F

011-776-5500

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事