おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.04 | 公開 2017.11.04

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」

東京・国立にある「ロージナ茶房」は、ヨーロッパ風の喫茶店として地元で長年愛されています。店主自ら世界を旅して、インドではカレー、ヨーロッパではカフェの知識を吸収しました。本格的なヨーロッパのカフェ風情が味わえると人気です。お店の魅力や料理についてご紹介します。

ヨーロッパをイメージした店内は感性が磨かれる場所

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」の1番目の画像

「ロージナ茶房」は東京・国立にあるカフェ。昔から変わらない、レトロなたたずまいが特徴的です。ヨーロッパのカフェをイメージして作られた店内は落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと喫茶や食事が楽しめます。

店内は1階と2階に分かれており、2階の壁にはアーティストの作品を飾るギャラリーを併設。芸術も楽しめる空間となっています。

時代に合わせてスタイルを変えていくお店

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」の2番目の画像

1954年の創業当時、まだ物資がない頃に国立で本格的なカフェを始めました。芸術を愛する芸術家や文化人たちが集うサロンにしたいとの考えでオープン。

数々の著名人が足しげく通っていたそうです。創業から60余年、時代に合わせその都度メニューやスタイルを変えてきました。その柔軟なスタイルが長年愛される秘訣でしょう。

普通盛りなのに大盛り級! 「昔風ナポリタン」

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」の3番目の画像

「昔風ナポリタン」はその名の通り昔ながらの味が楽しめます。ナポリタンの決め手となる特製ケチャップと、太めのパスタをさっと和えた一皿。粉チーズがコク深い味を生み出します。

盛り付けるお皿もレトロな雰囲気。一口食べれば、どこか懐かしい味が楽しめます。ボリューム満点なのもポイントです。男性の方でも満足できるでしょう。

看板メニューの「ザイカレー」はマストの一品

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」の4番目の画像

店主が旅の途中、インドで学んだ「ザイカレー」は激辛で有名。創業から変わらないビーフカレーとして多くの方に愛されているメニューです。

具が見えなくなるまでじっくりと煮込んで仕上げました。ガツンとくる辛さの後に、凝縮されたうまみが追いかけてきます。辛いけど癖になる、そんな魅力を持ったメニューです。添えているゆで卵とピクルスもよい仕事をしています。

レトロな店内で懐かしい記憶に思いを馳せる

レトロなメニューに舌鼓。本場ヨーロッパを楽しめる老舗喫茶店「ロージナ茶房」の5番目の画像

創業60余年のお店には、昔を懐かしんで訪れるお客さんも多いそうです。年配者から学生まで、幅広い年代に愛されているお店です。

本格的なカフェとしてのスタイルは崩さず、これからも時代に合わせて柔軟に変化していくお店から今後も目が離せません。

「ロージナ茶房」はJR中央線「国立駅」から徒歩3分程度で到着。大学通りに入ってすぐの路地を右に曲がるとお店があります。レトロで落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくりとコーヒーや食事を楽しんでみませんか。

スポット情報

ロージナ茶房

ロージナ茶房

東京都国立市中1-9-42

042-575-4074

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事