おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.07.20 | 公開 2018.05.31

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」

みなさんは「パフェ」と聞くとどのようなものを想像しますか。見た目が可愛く、フルーツがたくさん乗っているパフェを想像される方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するお店「DESSERT CAFE HACHIDORI(デザートカフェハチドリ)」は、そんなイメージを大きく裏切ります。ハーブやスパイスを合わせて作るパフェはまさに大人向け。エレガントなパフェの魅力をご紹介します。

心がホッと落ち着くパフェ専門店

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の1番目の画像

「エレガント」や「優雅」という言葉がぴったりなパフェを提供する「DESSERT CAFE HACHIDORI(デザートカフェハチドリ)」は、都心から1時間ほどとアクセス面にも優れ、おしゃれなスポットがたくさんある神奈川・逗子にお店を構えています。

新逗子駅から徒歩3分ほど歩き、通りから少し入った場所にあるこのお店は、新築のような外観と壁に飾られた『HACHIDORI』の看板が目印。

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の2番目の画像

ナチュラルテイストで爽やかな空間が広がる店内には、カウンターが4席と2人掛けのテーブルが4席ほど。お家のダイニングキッチンのような雰囲気に自然と心も落ち着くでしょう。

繊細ながら大胆でエレガントなパフェ

チェリーのパフェ ハーブ・スパイスの香り

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の3番目の画像

パッと見ただけでは、一瞬カクテルと勘違いしてしまいそうなほど凝ったデザインのパフェ「チェリーのパフェ ハーブ・スパイスの香り(税込 1,300円)」の高さはなんと29cm。酸味があるアメリカンチェリーとサフランの風味をいっぱいに感じられる大人なパフェです。

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の4番目の画像

グラスの中には、スパイスと赤ワインで煮たチェリーのジュレやディルのムース、色彩や香りをプラスさせるサフランを使ったアイスなど、趣向を凝らしたものばかり。

一口食べるとハーブの香りが鼻からスッと抜け、まろやかな甘みが口いっぱいに広がるこのメニューは、“パフェだからこそ”表現できる味。見た目も美しいパフェは食べる前に写真を撮ることをお忘れなく!

※「チェリーのパフェ ハーブ・スパイスの香り(税込 1,300円)」は、5月26日~6月末までの提供となっております。

ショコラとバナナのパフェ 3種のアイス

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の5番目の画像

カスタードクリームやコーヒージュレなどから成る4層の色合いと、エディブルフラワー(食用花)がなんともフォトジェニックな「ショコラとバナナのパフェ 3種のアイス(税込 1,250円)」。

きれいな層を崩すのは心苦しいですが、4層の素材はスプーンでまとめて食べるのが一番おすすめの食べ方なんだそう。単品で食べるよりまとめて食べたほうが、それぞれの素材が相まってより美味しくなります。見た目とは裏腹にそこまで甘くないので男性の方でもペロリといただけるでしょう。

「ショコラとバナナのパフェ 3種のアイス」は通年で楽しむことができるメニューなので、興味がある方は注文されてみてはいかがでしょうか。

美しきパフェで至福のひとときを。

芸術的な逸品に出合えるパフェ専門店「デザートカフェハチドリ」の6番目の画像

ケーキでは表現できない、その瞬間の楽しさやデザインがパフェでは表現できることがお店を立ち上げるきっかけとなった「DESSERT CAFE HACHIDORI」は、平日のお昼の時間帯が狙い目。

今回ご紹介したパフェ以外にも抹茶を使った和風のパフェなど、まだまだ魅力的で美しいパフェがたくさんあるので、ご自分の目でぜひ一度確かめてみてください。思わず目を引くパフェたちは、あなたをきっと虜にするはずです。

お店は火曜と水曜がお休みですが、変更になることもあるため、足を運ぶ前に公式HPよりチェックすることをおすすめします。

スポット情報

DESSERT CAFE HACHIDORI

DESSERT CAFE HACHIDORI

神奈川県逗子市逗子5-5-10

046-870-1320

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事