おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.24 | 公開 2017.10.24

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨

大阪・梅田から近い中崎町にある、雑貨屋さんも兼ねた「majo café(マジョカフェ)」は手作りの料理やスイーツが自慢のカフェ。可愛らしいお店は魔女の家に迷い込んだような不思議空間です。お店の中や外、あちこちに置かれているフィギュアやディスプレイが、乙女心をくすぐります。

中崎町のレトロな雰囲気になじむ、小さなお店

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨の1番目の画像

小さなカフェ、「majo café(マジョカフェ)」がある中崎町は、大阪・梅田という賑やかなエリアの近くでありながら、また違った雰囲気を持つ街です。

昭和時代から続く長屋が所々に残され住宅として使われているほか、雑貨やカフェなどに改装されている店舗もあり、街全体がフォトジェニック。「majo café」も街の雰囲気になじんでいます。

入り口のドアは、お店というよりお家のよう。店内も住宅をそのまま使っているため、訪れるというよりも、帰ってきた、というような気分にさせてくれます。

コンセプトは「魔女」。魔女に関するグッズがたくさん

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨の2番目の画像

お店の名前が「majo café」であるように、このカフェのコンセプトは「魔女」です。店内には魔女をイメージした小物が並べられていたり、魔女図鑑が本棚にあったりと、まるで魔女の家に来たような印象を受けます。

魔女グッズのほかには、スタジオジブリのキャラクターフィギュアがあちこちに置かれていて、お茶を飲みながらあちこち探す楽しみもあります。

味は全部で12種類!しっとりとした「おからケーキ」

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨の3番目の画像

注目メニューは「おからケーキ(200円)」。その名の通り、おからで作ったケーキは全部で12種類の味があります。

おからの優しい味を感じるプレーンや、キウイ、マンゴー、ブルーベリーなどのフルーツ系、黒ゴマや白ごまなど、身体に良さそうな味など、バリエーションが豊富です。

お豆腐屋さんのおからを使い、砂糖とラム酒で蒸し焼きしたケーキはしっとりとした食感が特徴。いくつかのケーキをオーダーして食べ比べてみるのもおすすめです。

自慢の「焼きチーズカレー」は焦げ目も美味しい

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨の4番目の画像

中崎町は近年、カレー激戦区としても注目を集めています。「majo café」にもカレーメニューがあり、特におすすめなのが「焼きチーズカレー(800円)」です。これは定番メニューの8種の野菜を使ったカレーに、チーズをたっぷりのせて焼き上げています。

チーズの焼き加減にもこだわりがあるこのカレーは、チーズが焦げた香ばしさと、トロトロの食感がクセになる一品。まるで魔女が料理に使っていそうな器のデザインにも注目です。

お客さんや地域の人とのつながりを大切にするお店

まるで魔女の家に迷い込んだよう! 大阪・中崎町「majo café」の乙女心くすぐるスイーツと雑貨の5番目の画像

カフェだけではなく雑貨店としての顔もある「majo café」。店内にはハンドメイドの雑貨が並べられています。

雑貨を販売するとともに、ハンドメイド作家さんとコラボレーションしたアクセサリー制作などのワークショップも頻繁に行なっていて、イベント時期には賑わいます。お客さんや作家さんとの信頼やつながりを大切にするお店です。

「majo café」へは、OsakaMetro谷町線「中崎町」の4番出口を出て北方向へまっすぐ進みます。最初の十字路を越えると右側に見えてくる6軒長屋のひとつがお店です。黄色いテントが目印。中崎町で魔女が住むカフェに遊びに行ってみませんか?

「イコール(=)フェスティバル in 中崎町 2017」に行ってルトロン限定特典をゲット!

スポット情報

majo cafe

majo cafe

大阪府大阪市北区中崎西4-2-12

06-6371-1577

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事