おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.10.31 | 公開 2017.10.31

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」

北海道・札幌の「North Continent HOTDOG STAND(ノースコンチネント ホットドッグスタンド)」では、自家製シャルキュトリを、道産ジャガイモ50%使用のいももちパンに包んだ、おしゃれで新感覚なホットドックが楽しめます。モチモチ食感がやみつきになりそう!

北海道ならではの味わいの、モチモチ食感ホットドック

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」の1番目の画像

「札幌PARCO」地下2階にある「North Continent HOTDOG STAND(ノースコンチネント ホットドッグスタンド)」。道産ハンバーグの専門店が、自家製のシャルキュトリを手軽に食べられるホットドック店として展開しています。

シャルキュトリとは、ハムやソーセージやパテなどの食肉加工品全般のこと。この店の自家製シャルキュトリは、じっくり手間暇かけた品々です。モチモチの食感がたまらない自家製パンは、北海道産のジャガイモ“北あかり”を贅沢に50%使用。北海道の風景を感じる味わいを、気軽に楽しめるのが魅力です。

熟成ベーコンとたくあんクリームチーズがベストマッチ

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」の2番目の画像

3週間じっくりと熟成した自家製ベーコンは、いくつものスパイスを揉みこみ寝かせ、燻した香りが食欲をそそります。

意外な組み合わせのたくあんとクリームチーズが抜群の相性で、うま味の凝縮されたベーコンとシャキシャキのレタスを一緒にほおばれば、思わず笑顔になるおいしさです。新感覚のホットドックは、試す価値あり!

自慢の自家製ソーセージをトマト味噌のケチャップで

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」の3番目の画像

月替わりの自家製ソーセージで、毎回違う発見をくれるこちらのホットドックは、オリジナルの和風ケチャップでいただきます。トマトと赤味噌がベースで、ショウガとニンニクとスパイスが絶妙に合わさったケチャップは、トマトの酸味と味噌のまろやかさがベストマッチ。

モチモチ食感のいももちパンと、ボリューミーなソーセージの最強タッグに大満足です。

コラーゲン豊富なリエットをさっぱりグレックと一緒に

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」の4番目の画像

コラーゲン質たっぷりのスネ・ウデ肉を使用した荒いリエットのホットドックもおすすめです。香味野菜とフォンで長時間しっかりと煮込んだ肉と、コリアンダーの効いた黄パプリカのグレックのコンビネーションは、ファストフードの域を超える味わい。

グレックとはギリシャ風の加熱ピクルスです。さっぱりしたグレックとコラーゲンたっぷりのリエットは女性にも嬉しいメニューです。

気軽なテイクアウトや、ビールのおともにも最適

札幌の新食感ホットドック「ノースコンチネント ホットドッグスタンド」の5番目の画像

この店のホットドックは、北海道ならではの味わいを目指しています。ローカルフードのいももちをイメージしたモチモチのフラットブレットは、独特の食感を長く楽しめるので、テイクアウトにもおすすめです。

ホットドックだけではなく、自家製シャルキュトリはピンチョスとしてもいただけるので、仕事帰りの軽いビールやワインのおともにも最適です。

お店は札幌市の中心部という便利のよい立地で、札幌市営地下鉄地下鉄南北・東西・東豊線「大通駅」に直結し、駅から徒歩1分。「札幌PARCO」内にあるので、ショッピングのときの軽いランチに立ち寄るのにも便利です。いももちパンに包まれるバリエーション豊富なシャルキュトリを、ぜひ食べ比べてください。

スポット情報

North Continent HOTDOG STAND

North Continent HOTDOG STAND

北海道札幌市中央区南1条西3-3 札幌パルコ 地下2F

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事