おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.11.10 | 公開 2017.11.10

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピ

みたらしのタレが絡まるお豆腐を使ったヘルシーなお団子。ご家庭で簡単に作れます。串に刺せば外でもおいしくいただけるので、これからの行楽シーズンのお供にピッタリ。

シンプルな材料のご紹介

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの1番目の画像

みたらし団子はタレをたっぷり絡めれば乾燥することもなく、常温で持ち運び可能。お出かけのお供や、おみやげとしても活躍間違いなしの和スイーツです。

お団子の材料は、絹ごし豆腐150g・豆乳大さじ1・白玉粉130gの3つのみ。みたらしのタレは、きび砂糖大さじ2・醤油大さじ2・片栗粉大さじ1・水100mlです。

お豆腐を使うことによって通常よりもヘルシーになりますし、絹ごし豆腐を使用するので食感も滑らかになります。

耳たぶの柔らかさになるまで生地をこねる

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの2番目の画像

大きめのボウルに豆腐と豆乳を入れ、ゴムベラで軽くほぐします。そこへ白玉粉を少しずつ加え、しっかり練りながら混ぜましょう。

白玉粉を一気に加えてしまうとうまくまとまらないので、少しずつ加えることがポイント。生地が硬すぎる場合は豆乳の量を調整してみてください。耳たぶ程の感触になるまで混ざったらお団子の生地の完成です。

浮いてからさらに2分茹でる

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの3番目の画像

先ほどの生地を食べやすい大きさに丸めていきましょう。両手の手のひらでコロコロ転がすように丸めて、表面が滑らかになると茹で上がりもきれいです。

鍋にお湯を沸かし、沸騰したところに生地を投入。最初は沈んでいますが、だんだんと浮き上がってきます。そこから、さらに2分程度茹でてください。茹で上がったら氷を入れた冷水にとって冷まします。

こんがりお団子の表面を焼く

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの4番目の画像

お団子がしっかり冷めたら、2~3個ずつ串に刺していきます。フライパンを熱してサラダ油を引いたら、串に刺したお団子を並べこんがりきつね色になるまで両面焼きましょう。

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの5番目の画像

みたらしのタレは、材料を全て鍋に入れて、混ぜながら沸騰するまで加熱すれば完成。焦げ付かないように常に混ぜることが大切です。お団子を冷ましている間に作れば時短にもなります。

こんがり焼いたお団子にトロトロのタレを絡めれば、お豆腐みたらし団子のできあがり。甘じょっぱくて香ばしいモチモチのお団子は、こどもからお年寄りの方まで大好きな味です。

秋のおでかけヘルシーおやつ「お豆腐みたらし団子」の簡単レシピの6番目の画像

ヘルシーだからと言って食べ過ぎには注意してくださいね。とても簡単な作業なので、お子さんと一緒に作るのも楽しいと思います。ぜひ行楽シーズンに作ってみてください。

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事