おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.07 | 公開 2017.11.07

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パン

札幌・西線16条の閑静な住宅街にある、かわいらしいパン屋「角食専門店 CUBE(かくしょくせんもんてん キューブ)」。素材にこだわった、無添加の食パンが常時15種類以上並んでいます。プレーンタイプから具入りまであるさまざまな食パンを、楽しみながら選んでみませんか?

かわいらしいお店の店内にはおいしいパンがいっぱい!

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パンの1番目の画像

札幌市中央区の藻岩山の麓沿いにある「角食専門店 CUBE(かくしょくせんもんてん キューブ)」。木目を基調とした色合いに赤く縁取られたかわいい外観が印象的で、お店に入る前からパンの香ばしい香りを感じます。

店内にはさまざまな食パンが15種類ほどあって、横にあるイートインスペースで買ったパンを食べることができるのも魅力です。トースターも自由に使えるのが嬉しいポイント。さらに、パンにも使われている羊蹄山の水のサーバーが置いてあるので、パンを購入した後もゆっくりと寛げます。

羊蹄山の名水を使った店主こだわりの角食パン

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パンの2番目の画像

「おいしい食パンを沢山のお客様に食べてもらいたい」という願いを込めて、2016年11月にオープンしました。「角食」とは角型の食パンのことを言い、北海道では「角食」の呼び名で親しまれています。

お店で作られているパンは無添加で素材にもこだわっていますが、中でも「名水」としても有名な羊蹄山の湧水を使っているのがポイントです。

季節ごとに変わる限定のパンもチェックしよう

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パンの3番目の画像

お店にはさまざまなパンが並んでいますが、季節ごとに変わる商品もあります。中でも「りんごとレーズン」は人気が高く、通年で販売してほしいとお客さんから要望が上がるほどです。パンの生地にはシナモンが使われていて、その中にりんごとレーズンがたっぷりと入っています。

また、メニューの中でおすすめなのが「チョコとくるみ」です。ベルギー産のチョコチップと洋くるみを使った一品で、一度食べるとやみつきになる味わいです。

まさに特別! 全て北海道産にこだわった絶品の食パン

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パンの4番目の画像

お店のイチオシのパンが「特別な角」です。こちらのパンは、小麦やバター、砂糖など全ての材料を北海道の素材を使用して作られています。

一口食べてみると甘い小麦の風味が強く、またキメの細やかな質感と弾力を強く感じる味わいが特徴です。そのまま食べても、焼いて食べてもおいしく食べられるのが嬉しいポイント。どちらの食べ方が好みか食べ比べも楽しめそうです。

無添加にこだわった絶品パンをご賞味あれ!

羊蹄山の豊かな銘水でふっくら焼き上げ。札幌「角食専門店 CUBE」の無添加食パンの5番目の画像

「角食専門店 CUBE」は、店主が素材だけではなく仕込みから焼き上げまでこだわり、オープン以来お客さんから支持されてきました。パンは無添加なので、素材が気になる人でも安心して食べられるのがポイントです。

平日の13:00~14:00頃は比較的ゆっくりとパンを選べます。食パンが3斤入るギフトボックスがあり、贈り物としても利用してもステキです。

JR北海道バス「慈啓会前」を下車し、徒歩2分ほどの場所に「角食専門店CUBE」があります。駐車スペースは店舗前の2台分です。おいしいパンを味わいに、ぜひこだわりの角食パンに足を運んでみてください。

スポット情報

角食専門店 CUBE

角食専門店 CUBE

北海道札幌市中央区旭が丘5-1-1

011-532-0138

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事