おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.11.29 | 公開 2017.11.29

饅頭や大福は手で持ってもOK?「和菓子」を上品に食べるコツ

落ち着いた雰囲気の中、お茶請けとして出されることが多い和菓子。そんな和菓子もちょっとしたコツを知っていれば、上品に食べることができます。今回は、饅頭と大福を上品に食べる方法をご紹介します。

まずはひと口サイズに切ってから

饅頭や大福は手で持ってもOK?「和菓子」を上品に食べるコツの1番目の画像

まずは黒文字を使って、真ん中から手前へ切り込みを入れてください。饅頭は、左手前→左奥→右手前→右奥の順に、ひと口分ずつ切って食べ進めます。

このとき力を入れ過ぎて、黒文字を折ってしまわないように気をつけましょう。

大福は余分な粉を軽く落としましょう

饅頭や大福は手で持ってもOK?「和菓子」を上品に食べるコツの2番目の画像

大福の周りには、餅取り粉や打ち粉と呼ばれる粉がついています。大福を手で持ち、余分な粉を軽く落としましょう。

一口ずつきっちり噛みきるのがポイント

饅頭や大福は手で持ってもOK?「和菓子」を上品に食べるコツの3番目の画像

お皿ごと持ち上げ、粉が飛ばないよう一口ずつきっちり噛み切るようにしましょう。

監修/小倉朋子

小倉朋子
監修
小倉朋子

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事