おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.06.14 | 公開 2018.06.14

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子

東京・新宿「NEWoMan(ニュウマン)」2F改札内にある「和菓子 結(ゆい)」。名古屋の老舗和菓子の新ブランドとして誕生したこのお店には、四季折々を表現した和菓子や風物詩をかたどったものなど、さまざまな和菓子と出合えるお店です。今回は手土産としても喜ばれるおすすめの和菓子をご紹介します。

老舗和菓子の新ブランドが、新宿NEWoManに登場

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の1番目の画像

380年余りの歴史をもつ、名古屋の老舗和菓子屋「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」の新ブランドとして東京・新宿に誕生した「和菓子 結(ゆい)」。

ショーケースには手土産にぴったりの美しい和菓子が並び、和菓子好きはもちろん、ちょっと贅沢な自分へのご褒美などにもおすすめな品々が揃います。

どら焼きなどの和菓子をはじめ、彩り豊かで可愛らしい新感覚の和菓子もいただけるため、これまでにない和菓子たちと出合うことができますよ。可愛いアイテムたちに迷ってしまったらスタッフさんに、気軽に聞いてみてください!

富士山と四季の移ろいを棹菓子で表現。

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の2番目の画像

木目調の紙箱に入った姿がより、高級感を醸し出す「あまのはら(1棹 3,240円/半棹 1,728円)」。

富士山が見せる四季の移ろいをぎゅっと閉じ込め、一棹(さお)の棹菓子で表現したこの和菓子は、切り分ける箇所によってそれぞれ富士山の表現が異なる、ちょっと不思議な和菓子なんです。

メディアでも多数取り上げられ、入荷してもすぐに売り切れてしまうほど人気のある「あまのはら」は、元々「山の日」の制定を記念し2016年に完成した新作で、「山の四季を棹菓子で表現したしたい」との想いから生まれたのだそう。

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の3番目の画像

鮮やかで芸術品のような和菓子は、透明感もあり見た目も爽やか。8等分するときれいに四季の移ろいが再現されるそうです。

味はさっぱりとしたレモン風味となっているので、これからの暑い季節にぴったりです。そのまま食べても充分美味しいのですが、冷やして食べると爽やかさも増し、さらに美味しくなります。夏の時期に購入される方はぜひ、一度冷やして食べてみてください。

毎月1日に一新される、手のひらサイズの生菓子

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の4番目の画像

季節やイベントなど、日本の風物詩を表現した「なまささら」は、毎月1日にデザインが変わるかわいらしい生菓子。“ささら”とは古語で「小さい」を意味し、その名の通り和菓子も一口サイズとなっています。

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の5番目の画像

ひとつひとつが丁寧に作りこまれた「なまささら」は、餡が入ったものや柑橘系のフルーツを使ったものなど、種類もさまざま。月ごとにラインナップが変わるので、ワクワクとした気持ちと季節感を楽しみながら味わうことができますよ。

ハロウィンやクリスマスはもちろん、正月には十二支の干支を表現した動物なども登場するそうなので、気になる方はイベントの時期にもお店を訪れてみてはいかがでしょうか。

小さな和菓子の“芸術品”を堪能しよう

新宿NEWoMan「和菓子 結」の見た目も楽しめる新感覚和菓子の6番目の画像

上記でご紹介した和菓子以外にも、餡たっぷりの焼菓子とチョコレートのアンサンブルが楽しめる「ふゆうじょん」や、優しい甘さに心も癒やされる「あんみつ」など「和菓子 結」には魅力的な和菓子がたくさん揃っています。

一口サイズのものも多いため、ホームパーティーなど大人数のイベントの手土産にもうってつけです。お店は「NEWoMan」の2F、改札内店舗となっているため、ご利用にはJRの入場券が必要となります。

四季や日本の風物詩を鮮やかにデザインした老舗和菓子の新ブランド「和菓子 結」で、お気に入りの和菓子を見つけてみませんか。

スポット情報

和菓子 結

和菓子 結

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F エキナカ

03-3353-5521

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事