おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.16 | 公開 2018.04.16

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」

キャンドルは火を灯すだけでなく、そのまま飾るだけでいい香りがお部屋に広がる、サシェとしての使い方もおすすめ。今回は、葉っぱのガーランド風、ワックスサシェの作り方をご紹介します。

簡単に手作りできる火を灯さないキャンドル

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」の1番目の画像

火を灯さずに、香りや見た目を楽しむキャンドルを「アロマワックスサシェ」と呼びます。アロマワックスサシェは、壁に飾ったり、トイレやクローゼットなど匂いの気になる場所に置いたり、プレゼントにも最適なアイテム。

作り方もアロマキャンドルと同じで、溶かして、色や香りをつけ、好きな型にくりぬくだけと、とても簡単なので、ぜひ作ってみましょう。

ワックスに好きな香りをつけます

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」の2番目の画像

材料となるのは、アロマキャンドル用のワックス。手芸店やインターネット販売などで購入することができます。市販のアロマキャンドルを一度溶かして使っても良いでしょう。

ワックスやキャンドルを、汚れても良い鍋に入れて、火にかけて溶かします。溶けたら80℃くらいまで冷まし、好きな香りのアロマオイルを垂らして混ぜていきます。

割り箸などでよく混ぜて、香りが付いたら、ワックスを平たいバットに流し込みます。

葉っぱに見えるよう色づけします

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」の3番目の画像

次に色付けをします。使うのはクレヨンのかけら。カッターなどで小さく削り、ワックスの上に散りばめます。

葉っぱのガーランドなので、緑と黄色を混ぜてみます。他にも何色か混ぜて自分好みのグラデーションを楽しむのも良いでしょう。

クレヨンを入れるとすぐに溶けるので、割り箸などでそっと混ぜながら、マーブル模様になるように描いていきます。好みの色合いになったら少し冷めるまで置いておきましょう。

型抜きをし、整えます

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」の4番目の画像

羊羹ほどの硬さになったら、クッキーの型を使って型抜きをします。次に竹串の尖っていない方を使い、ガーランドとして紐を通すための穴を開けます。

穴は、ふちのギリギリだと割れやすくなるので、余裕を持って開けましょう。その後冷蔵庫でしっかり固めます。

完全に固まったら型から外します。葉脈の模様を描いたり、ふちを滑らかに整えたりと、最後の仕上げを行うと、完成度がより高くなります。ヒーターの前などで少しずつ温めながらやってみましょう。

お部屋がグッと可愛くなる! 好きな香りで作る「葉っぱのガーランド風キャンドル」の5番目の画像

アロマキャンドルは、自宅で簡単に手作りできる上、アイディア次第でデザインを無限大に作ることが出来る楽しいアイテム。ガーランド風の火を灯さないキャンドルなら、子どもがいて火を使えないというお家でも、飾りとして楽しめます。

好きな色や香りの組み合わせや、さらにドライフラワーなどの材料を使って、ぜひオリジナリティ溢れるキャンドルを作ってみてください。

出演/大林なおみ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事