おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.01 | 公開 2017.12.01

インテリアやプチギフトにも最適! キャンドル香る「クリスマスリース」DIY

グリーンや木の実で作られることの多いクリスマスリースですが、キャンドルでも簡単に作ることできます。今年の冬は、ほのかに香るおしゃれなフレグランスキャンドルで、クリスマスリースをDIYしてみませんか?

香るクリスマスリースの材料

インテリアやプチギフトにも最適! キャンドル香る「クリスマスリース」DIYの1番目の画像

まず、クリスマスらしい花材やベースとなるキャンドルの材料を揃えます。

材料:クリスマスらしい花材、キャンドルワックス、リース型キャンドル型、香料、色付け用クレヨン、紐

花材は、プリザーブドフラワーや造花でも大丈夫ですが、今回は徐々にドライになる様子が楽しめるモミやヒイラギ、サンキライなどの生花と、アクセントにシナモンスティック、ドライフルーツを用意しました。

最初に花材の配置を決めておく

インテリアやプチギフトにも最適! キャンドル香る「クリスマスリース」DIYの2番目の画像

キャンドルワックスを流し込む前に、だいたいの花材のデザインを決めておきます。型の中に実際に配置してみて、デザインのイメージを作りましょう。

キャンドルに沈めて固める部分と、キャンドルからのぞかせる部分を計算して、程よい長さにカットしておくとスムーズです。葉や花の流れを、時計回りや上から下に左右対称にするなど統一するときれいにまとまります。

ワックスに色と香り付け

インテリアやプチギフトにも最適! キャンドル香る「クリスマスリース」DIYの3番目の画像

キャンドルのベースになるワックスは、湯煎で溶かします。溶けたワックスに、お好みのクレヨンを少し削って入れ色付けしましょう。今回は、ブラウンのクレヨンを少量入れて、モカブラウンのキャンドルカラーにしました。

次に、お好みの香料を入れよくかき混ぜます。香料にアロマオイルを使う場合は、揮発する性質があるため、少しワックスの温度が下がったくらいのタイミングで入れましょう。

ワックスを型へ流し込み飾りつけ

インテリアやプチギフトにも最適! キャンドル香る「クリスマスリース」DIYの4番目の画像

ワックスを型に流し込みしばらく置きます。ワックスの温度が下がり表面に膜が張ってきたら、丁寧に花材を置いていきます。花材が全てワックスに沈み込まないよう、型に立てかけるように置くのがポイントです。

まずはベースとなる葉から配置していき、彩りのポイントになる実や赤い花はその上に配置します。固まったときに花材が固定されるように、花材の一部分をワックスに沈めましょう。

花材を配置したらワックスが固まるまでしばらく置き、しっかりと固まってから型から外します。穴に紐を通して完成です。

クリスマス飾りにぴったりのキャンドルリースは、お部屋のインテリアに、プチギフトに最適。ベースのキャンドルカラーや花材を変えることで、様々な表情のクリスマスリースが作れます。

作る工程も楽しめる、作成時間15分に固める時間15分の、トータル30分で完成するお手軽DIY。ほのかに香るクリスマスリースで、華やぐクリスマスを演出してみませんか?

出演/大林なおみ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事