おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.08 | 公開 2017.11.08

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」

「プチレストラン ないとう」は京都市丸太町にある洋食屋さんです。野菜そのものが持つおいしさとエネルギーを最高潮な状態で取り入れるため、先取りではなく、スタンダードな旬の食材を使うことにこだわっています。食材の旨味を引き出す工夫を凝らし、和を大切にした洋食を楽しめるお店です。

京都ならではの風情があふれる隠れ家的な古民家

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」の1番目の画像

京都市の洋食屋「プチレストラン ないとう」。京都らしい幅1mほどの間口を入ると、板塀に挟まれた細長い石畳の通路が玄関へと誘ってくれます。

整頓された清潔なオープンキッチンはカウンターに囲まれており、手際よく料理をするシェフを見ながら食事を楽しめるのも魅力のひとつ。全面ガラスドアの向こうには箱庭があり、昼は陽光と緑が、夜はライトアップされた幻想的な姿が見えます。

4坪の小さなお店から始まり地元で愛される洋食屋へ

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」の2番目の画像

2001年の開店当初は、4坪8席の小さなお店からスタート。3年半後の2004年には古民家全体を改装して60坪に広げ、カウンター11席、座敷2テーブル、蔵1室の合計29席になりました。カウンター席の背後に、個室利用もできる座敷席と、石段を登って入る蔵があります。

蔵は京都の古民家の雰囲気をそのまま残した白壁と黒い柱。梁からはレトロなシャンデリアが優しく灯り、ナチュラルで温もりのあるオーダーメイドのテーブルと肘掛け椅子がある、居心地の良い空間です。

シェフ自慢の料理が盛りだくさんのスペシャルランチ

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」の3番目の画像

「スペシャルランチAセット」は、季節の付き出し、サラダ、ひれ豚カツ、和牛ハンバーグ、車海老のコロッケ、ご飯、豚汁、香の物、コーヒーまたは紅茶が付いた、贅沢なランチです。

付き出しは生ハムと香草をあしらい涼しげなグラスに盛り付けた前菜です。季節の食材のジュレなど手間のかかった本格的なもの。こだわりのマシンで抽出した、香り高くクリーミーなコーヒーで、食後のひとときをゆったりと過ごせます。

「ひれ豚カツ」はランチセットの中でもとっておきの一品

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」の4番目の画像

「ひれ豚カツ」は、厚さが3cmあって食べごたえ抜群。なかなか出会えない厚みのひれカツです。あっさりとした旨味のあるひれ肉を、丁寧に叩いて柔らかく仕上げてあります。

サクサクの薄付き衣でどんどん食べられるので、車海老を丸ごと使ったコロッケ、粗挽き和牛のハンバークとセットになったプレートでもおいしく完食できます。

自信を持って外国の人にも伝えたい和食材の洋食

京都の古民家で味わう絶品洋食。丸太町「プチレストラン ないとう」の5番目の画像

旬の素材を贅沢に使ったボリュームのあるおいしい洋食に、開店当初からのファンも多く、昼は若年層、夜は比較的落ち着いた客層の方が多く訪れるそう。

「10年後にもいい店でありたい」「外国の方にも日本の洋食を伝えていきたい」という店主の想いのもと、これからもおいしい洋食を作り続けます。

京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」5番出口から徒歩8分。東へ6筋目を右折して100m先の右手にあります。旬と工夫のおいしさが詰まった定番洋食を、古民家でゆっくりと堪能してください。

スポット情報

プチレストラン ないとう

プチレストラン ないとう

京都府京都市中京区柳馬場通夷川上ル西側

050-5593-7906

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事