おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.04.10 | 公開 2018.04.10

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」

ジェルワックスの透明感とソイワックスのナチュラル感が楽しめる、二層のアロマキャンドル。2つのワックスの特徴が楽しめるうえに、簡単な手順でかわいく仕上がります。

2つのワックスの特徴を楽しめるキャンドル

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の1番目の画像

上下でワックスを使い分けるとおしゃれな見た目になるだけでなくさまざまなメリットも。ジェルワックスは美しい透明感が特徴。ソイワックスは燃焼時間が長く、香りの広がりも良いので人気があります。

消火した後の気になる臭いが少ないのもメリット。また、花材部分と燃焼部分を分けることで、花材への引火の心配がありません。2つのワックスの特徴が楽しめるアロマキャンドルを早速作ってみましょう。

花材を瓶に詰めジェルワックスを流し込む

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の2番目の画像

今回用意する材料は、ソイワックス、ジェルワックス、キャンドル用の芯、芯を固定するための棒、お好みの花材、フレグランスオイル、着色する場合は染料、透明な瓶、ワックスを溶かすための小鍋、ピンセットです。

花材はドライフラワー、またはプリザーブドフラワーを使用しましょう。

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の3番目の画像

まず、花材を瓶に詰めデザインを決めます。ジェルワックスを溶かし、一度花材全体にかけて固定しましょう。その後再加熱して、一気に瓶半分まで流し込みます。

ソイワックスに香料と染料を添加する

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の4番目の画像

下段部分を冷やす間に、ソイワックスを溶かしておきます。溶けたら好みのフレグランスオイルと染料を加えましょう。ソイワックス本来のナチュラルな色を楽しみたい方は顔料を入れなくても構いません。

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の5番目の画像

瓶の口より長い棒に芯を巻き付け、キャンドルの中央にくるように配置します。そこにソイワックスを流し込んでください。全体が固まるまで30分程度必要です。その間動かさないようにしましょう。

全体が固まったらアロマキャンドルの完成

持ちが良くて綺麗! ジェルとソイで作る「二層のアロマキャンドル」の6番目の画像

30分後、全体が固まったことを確認したら完成です。ジェルワックスの部分に気泡が入ることがありますが、それも味ということで楽しみましょう。

今回はジェルワックスの部分は着色しませんでしたが、好みでアレンジしてみてください。火を灯せば優しい香りが広がります。

製作時間は20分、全体が固まるまで30分程度で完成する手軽さも魅力。季節によって花材を変えたりオブジェをプラスしたりと、アレンジしてみましょう。

ジェルとソイの良いとこどりをした二層のアロマキャンドル。見た目もかわいく、お部屋に広がるアロマの香りも楽しめます。そのままお部屋に置いておくだけで素敵なインテリアになるので、プレゼントにもおすすめです。やさしい香りと光に癒やされてみませんか。

出演/大林なおみ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事