おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.10.31 | 公開 2017.10.31

コロンとかわいい! 作って楽しい、貰ってうれしい「スノーボールキャンドル」

飾っておくだけでも、おしゃれな雰囲気が出る「スノーボールキャンドル」。道具を揃えれば簡単に作ることができます。今回は、手軽にクラフトを楽しめる「スノーボールキャンドル」の作り方をご紹介します。

「スノーボールキャンドル」づくりに準備するもの

コロンとかわいい! 作って楽しい、貰ってうれしい「スノーボールキャンドル」の1番目の画像

準備するものは、鍋とパラフィンワックス、パームワックス、キャンドルの芯材、型となるキャンドルモールドです。「スノーボールキャンドル」に使用する丸い形のモールドは、キャンドルショップで購入することができます。

近くにお店がない場合は、インターネットのキャンドルショップを検索すれば、種類豊富なモールドが取り揃えられています。

ゆっくりと適温でワックスを溶かしていく

コロンとかわいい! 作って楽しい、貰ってうれしい「スノーボールキャンドル」の2番目の画像

鍋にパラフィンワックスを入れ、ゆっくりと溶かしていきます。高温になりすぎないよう、適温で溶かしていくことがポイントになります。パラフィンワックスは60度くらいで溶け始めますので、湯せんで溶かしていくと安全でよいでしょう。

キャンドルに色を付けたい場合は、刻んだクレヨンを一緒に溶かして着色するのがおすすめです。

型をセットし、溶けたワックスを注ぎ入れる

コロンとかわいい! 作って楽しい、貰ってうれしい「スノーボールキャンドル」の3番目の画像

次に、キャンドルモールドに芯材を通してセットします。芯材がまっすぐになるように、クリップや粘土などを使って固定するとよいでしょう。型の準備が整ったら、先ほど溶かしたワックスを注ぎ入れていきます。

溶けたワックスは高温になっていますので、こぼれないように慎重に行ってください。「スノーボールキャンドル」のベースは、固まるまで3時間ほどかかります。

まわりにパームワックスをかけて模様づけ

コロンとかわいい! 作って楽しい、貰ってうれしい「スノーボールキャンドル」の4番目の画像

ベースキャンドルが固まったら型から取り出し、溶かしたパームワックスを縦横まんべんなくまわしかけていきます。パームワックスとはヤシの葉から作られた植物性のワックスのことです。溶かしたパームワックスをベースのキャンドルにかけて、ゆっくりと固めると綺麗な模様が浮かび上がってきます。

パームワックスには羽のような模様になるフェザータイプと、雪の結晶のような模様になるクリスタルタイプなどがあります。ワックスが冷めて固まれば、美しい模様の「スノーボールキャンドル」の出来上がりです。

キャンドルづくりは簡単に楽しめる人気のクラフトです。パラフィンワックス以外にもワックスの種類はたくさんあるので、植物性のワックスや、蜜蝋など動物由来のものなど、好みのワックスを使ってキャンドルづくりを楽しんでください。

お気に入りのアロマを入れて、アロマキャンドルにするのも素敵です。オリジナルキャンドルの灯かりに癒される、贅沢な自分時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

出演/大林なおみ

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事