おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2016.11.24 | 公開 2016.11.24

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選

寒い日は外に行かずとも、ちょっぴり贅沢なお家呑みができたら嬉しいですよね。今回は、お取り寄せ出来る上質なお酒とおつまみのご提案です。

Far Yeast Brewing 「馨和 KAGUA」とFar Yeast アソート 6本セット

世界に誇れる"JAPAN MADE"ビール

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の1番目の画像

独自の目線で”和”や“TOKYO”を体現するクラフトビールを展開し、海外からも高い評価を受けている”Far Yeast Brewing”から、和の馨るエール「馨和 KAGUA」と、 東京を奏でる「Far Yeast」の欲張りなセットが届きました。中身は全6本。おなじみ「馨和 KAGUA」からは、爽やかなベルジャンストロングエールの”Blanc”、どっしり重厚なベルジャンストロングダークエールの”Rouge” を各1本ずつ。飲み比べも楽しい「Far Yeast」からは、ホップを効かせた華やかな香りのラガー”東京ブロンド”、香り豊かでシャープな飲み口のセゾン”東京ホワイト”を各1本ずつ。さらに、海外進出を果たした東京ブロンドの進化版、ホップを効かせたしっかりめラガー「Tokyo Blonde-Export」2本が入った全6本です。

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の2番目の画像

贅沢なお家呑みにはもちろん、おしゃれなパッケージに負けない実力派のビールは、大切な人へのお歳暮にもぴったりな一品。11月30日(水)までは特別に、お歳暮早割キャンペーンを実施中。送料無料&のし込で通常4,472円のところ、4,100円です! 期間限定価格なので、お見逃しなく。

「馨和 KAGUA」とFar Yeast アソート 6本セット ¥3,629 (各330ml)

出典:https://faryeast.stores.jp/

水郷のとりやさん 自家製レバーのパテ

争奪戦必至のレバーパテで、自宅で本格ビストロ気分!

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の3番目の画像

水郷の街と知られる千葉県香取市に拠点を構える、創業1921年の老舗「水郷のとりやさん」。さすが鶏専門店だけあって、焼き鳥からスモークチキンまで、充実のバリエーションを誇る鶏料理の数々。いずれもストレスフリーに育った地鶏を契約農家から産地直送しているので、鮮度の良さはお墨付きです。中でもコクがあってなめらかな「自家製レバーのパテ」は、ミシュランで1つ星を獲得した焼き鳥の名店「バードランド」で修行を積んだ4代目による自信作。レバーが苦手な人でもご安心を。脂肪分の少ない新鮮なレバーを使っているので、独特のくさみがかなりセーブされています。地元産のしょう油が隠し味となっているので、レバーの甘さも堪能できます。実は、販売するたび即完売してしまう大人気商品だというこちら。予約販売を狙ってゲットしてください。

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の4番目の画像

水郷のとりやさん
自家製レバーのパテ ※バゲット(ハーフサイズ)1本付き ¥1,296(税込み)

出典:http://www.suigo.co.jp/

倉崎海産 花瑠(オイル)&花星(オイスター) 1本

1本で2度おいしい!シーズンレスに味わう、旬の牡蠣。

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の5番目の画像

冬の楽しみのひとつと言えば、そう、牡蠣。都内にもオイスターバーが続々オープンし、今や季節を問わず美味しい牡蠣をいただくことができますが、旬の牡蠣はやっぱり格別。牡蠣ラバーならふっくらプリプリで濃厚な牡蠣を、オールシーズン楽しみたいですよね。そんな方にオススメしたいのが、大ぶりの牡蠣がギッシリと瓶詰めされた「倉崎海産」の「花瑠(オイル)&花星(オイスター)」。広島産の冬の牡蠣のオイル漬けです。ふくよかに育った牡蠣をオーブンで焼き旨みを閉じ込めた後、こだわりの醤油を漬けてさらに焼く。その後コーン油にじっくり漬け込むという手間ひまかけた逸品です。ぎゅっと凝縮された牡蠣の旨みとふんわり薫るしょう油の香ばしさに、ついついお酒が進んでしまいます。たっぷり200g入っていますが、あっという間に食べ切ってしまうかも……。でもご安心を。ここからさらにお楽しみがあるんです。残ったオイルを、ドレッシングやパスタ、チャーハンなどいつものレシピにプラスしてみてください。牡蠣の旨みと香りがしみ出たオイルが、いつものレシピをワンランク上に仕上げてくれます。

大人にぴったり、お取り寄せできるお家呑みのお供3選の6番目の画像

倉崎海産
花瑠(オイル)&花星(オイスター) 1本 ¥1,782(税込み)

出典:http://www.kurasaki.co.jp

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事